このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    生物の多様性の保全

    森林の恵みと危機~九州・沖縄の生物多様性~

    世界的に熱帯林等における森林の減少・劣化や生物多様性の喪失が叫ばれています。我が国の森林も、シカによる食害、森林の手入れ不足等により、大きなダメージを受けています。
    ここでは、2010年の国際生物多様性年、2011年の国際森林年を迎え、私たちが暮らす九州・沖縄の森林の特徴、森林の恵みと生物多様性、森林が直面する危機等について説明します。

     

     イリオモテヤマネコ シラキの紅葉 クマタカ 縄文杉

     

     シカによる森林被害の現状

    日本最大の草食動物であるシカは、過去30年間に生息頭数が大幅に増加し、生息域も日本全体の約2割から4割へと拡大しました。九州でも同様であり、食害により生態系が大きく変化し、絶滅した植物も出ていると言われています。

    これに伴い、昆虫や鳥類等の生息地も失われつつあります。シカが食べない植物、シカに寄生する昆虫、ヒルも増えており、生態系の均一化や変質などがみられます。
    また、森林が裸地化し土壌崩壊の危険が生じるところも出現するなど深刻な被害が発生しています。

     

    シカシカによる樹皮剥ぎ被害忌避植物ヤマシャクヤクの優占

     

    九州国有林の生物多様性保全に向けた取組

    九州・沖縄における生物多様性の保全と森林が直面する危機に対する九州国有林としての各種取組等について紹介します。

     

     九州森林管理局の主な取組

    世界自然遺産や我が国を代表する森林の保護

     ・遺伝資源の保全

     

     ・希少動物の保護管理

     ・人工林の適切な整備

     ・森林を結びつけるネットワークの形成・充実

     ・原生的な森林(照葉樹林)の再生・復元)

     ・シカ被害対策(植生等の保護とシカ個体数の調整)

    自然災害からの再生

    ・屋久島世界自然遺産地域科学委員会について

    ・奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産候補地科学委員会について

     

     

     シカネットによる植生の保護シシンランの増殖巡視等の実施

    お問合せ先

    計画保全部計画課

    計画保全部保全課