このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    保護林の紹介

    保護林制度

       「保護林」は、原生的な天然林などを保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資することを目的としている国有林野のことです。

       国有林野事業では、自然公園法の前身である国立公園法(昭和6年)や文化財保護法の前身である史跡名勝天然記念物法(大正8年)の制定に先駆け、国有林野独自の制度として大正4年に保護林制度を発足させて以来、時代の要請に合わせながら保護林の適切な保護・管理に努めてきました。

       平成元年より、保護林の区分体系は、(1)森林生態系保護地域、(2)森林生物遺伝資源保存林、(3)林木遺伝資源保存林、(4)植物群落保護林、(5)特定動物生息地保護林、(6)特定地理等保護林、(7)郷土の森の7区分となっていましたが、森林生態系や個体群の持続性に着目した分かりやすく効果的な保護林区分の導入、簡素で効率的な管理体制の再構築、森林生態系を復元する考え方の導入などを図るため、平成27年9月に保護林制度が改正されました。

       新たな保護林制度における保護林区分は、(1)森林生態系保護地域、(2)生物群集保護林、(3)希少個体群保護林の3区分となっており、平成29年度末までに全ての旧区分の保護林の見直しを行い、新区分へ移行させる予定です。

       なお、平成29年4月現在、近畿中国森林管理局管内には81箇所、約2.1万haの保護林があります。

    保護林の設定状況

    保護林制度の改正による新区分の保護林                                                                                   平成29年4月現在

    種  類 目  的 箇所数 面積(ha)
    森林生態系保護地域 我が国の気候帯又は森林帯を代表する原生的な天然林を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資する。 1 7,049
    生物群集保護林 地域固有の生物群集を有する森林を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資する。 2 2,497
    希少個体群保護林 希少な野生生物の生育・生息に必要な森林を保護・管理することにより、当該野生生物個体群の持続性を向上させ、野生生物の保護、遺伝資源の保護、学術の研究等に資する。 24 1,301

     

    旧区分の保護林(平成29年度末までに移行予定)                                                                       平成29年4月現在

    種  類 目  的 箇所数 面積(ha)
    森林生態系保護地域 原生的な天然林を保存することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、動植物の保護、遺伝資源の保存、森林施業・管理技術の発展、学術研究等に資する。 2 4,581
    森林生物遺伝資源保存林 森林と一体となって自然生態系を構成する生物の遺伝資源を森林生態系内に保存し将来の利用可能性に資する。 1 516
    林木遺伝資源保存林 主要林業樹種及び稀少樹種等に係る林木遺伝資源を森林生態系内に保存し、将来の利用可能性に資する。 14 549
    植物群落保護林 我が国または地域の自然を代表するものとして保護を必要とする植物群落及び歴史的、学術的価値等を有する個体の維持を図り、併せて森林施業・管理技術の発展、学術研究等に資する。 34 3,610
    特定動物生息地保護林 特定の動物の繁殖地、生息地等の保護を図り、併せて学術研究等に資する。 2 1,189
    特定地理等保護林 我が国における特異な地形、地質等の保護を図り、併せて学術研究等に資する。 1 30
    郷土の森 地域における象徴としての意義を有する等により、森林の現状の維持について地元市町村の強い要請のある森林を保護し、併せて地域の振興に資する。 0 0

     

      

    保護林の位置及び状況

    保護林位置図(平成29年4月)

     

    白山森林生態系保護地域

    四百丈滝(大汝国有林)

    百四丈滝 (大汝国有林)

     

    黒蔵谷森林生物遺伝資源保存林

    黒蔵谷国有林

    黒蔵谷国有林

     

    音水林木遺伝資源保存林

    音水国有林(スギ)

    音水国有林(スギ)

    音水国有林(ヒノキ)

    音水国有林(ヒノキ)

     

    高嶺芦谷ブナ植物群落保護林

    高嶺芦谷国有林

    高嶺芦谷国有林

     

    夜叉ヶ池ヤシャゲンゴロウ希少個体群保護林

    夜叉ヶ池(岩谷国有林)

    夜叉ヶ池 (岩屋国有林)

    水中のヤシャゲンゴロウ

    水中のヤシャゲンゴロウ

     

    保護林での取り組み

       保護林の設定目的に照らした機能評価、植生の復元及び維持のために必要なデータの収集を行うため、5年に一度モニタリング調査を実施しています。調査結果は、学識経験者等からなる保護林管理委員会において評価を行い、それぞれの体系的な管理を推進するために必要な措置の検討を行うこととしています。

     

    森林調査

    森林調査

    動物調査(自動撮影カメラ)

    動物調査(自動撮影カメラ)

     

       近年ニホンジカの被害により森林の下層植生が減少していることから、現存する下層植生の把握と保護対象種の後継樹の保護を目的にシカ被害防止柵を設置するなどの取組を行っています。

       今後は、保護林モニタリング調査に併せて植生調査を実施することにしています。

     

    お問合せ先

    計画保全部計画課

    担当者:企画官(森林資源評価)
    代表:050-3160-6700(内線3557)
    ダイヤルイン:050-3160-5696
    FAX番号:06-6881-3476

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader