このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森の撮っておき!

    北海道国有林の大自然、森林づくりの現場などから届いた”HOTな写真”を掲載していくギャラリーです

    森林(もり)の撮っておき!(2018年6月)

    「自分のゴハンは自分でとってきなよ」(平成30年6月12日撮影)

    知床森林生態系保全センターでは、関係機関が連携して行うヒグマトレンド調査(※)に取り組んでいます。

    当日は、調査開始前の研修としてカムイワッカの滝~ルシャ地区間の林道において

    ヒグマの糞の見分け方などを知床財団よりご指導いただきました。

    糞の内容物は主に草本類 
    糞の内容物は主に草本類でした

    研修の合間に昼ご飯を食べていたら・・・

    キタキツネ
    キタキツネが近づいてきました。

    どうやらご飯を分けてほしそうです。

    おねだりキタキツネ

    近づかれても困るので、追い払いをしたら逃げていきました。

    これから知床だけでなく道内各地でも夏の観光シーズンの到来とともに多くの野生動物が見られることと思います。

    かわいいおねだりをされても決して食べ物を与えないようお願いします。
     
    食べ物を与えることで人に慣れてしまい、結果的に交通事故を引き起こしたり、人里に出現することで駆除対象になったりと動物たちを早死にさせ、生態系のバランスを乱します。
     
    キツネやヒグマなど野生動物は我々のペットではありません。

    どうか人間の身勝手で失われていく命が一匹でも減りますように。


    (※)ヒグマトレンド調査・・・知床半島のヒグマの個体数の動向を把握することを目的に、知床財団及び環境省、北海道、斜里町、羅臼町、標津町、林野庁が連携してヒグマの糞カウント調査や自動撮影カメラ調査等を行っています



    (知床森林生態系保全センター辻)


    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271