このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林総合監理士(フォレスター)の育成・活動への取り組み

    北海道森林管理局では、森林・林業の再生、林業の成長産業化を実現していくために、国有林野の多様な立地を活かして、北海道における森林経営のニーズに最も適した研修フィールドや技術を提供することや、森林総合監理士育成研修(技術者育成研修・実践研修等)を実施し、人材の計画的な育成に取り組んでいます。

    また、これらによって養成した森林総合監理士(フォレスター)等が各地域において森林・林業の課題解決に向けた検討を中心となって進め、具体的な施策の実施に結びつくよう取り組んでいます。

    今なぜ、森林総合監理士(フォレスター)なのか?

    平成23年7 月に閣議決定された「森林・林業基本計画」において、森林・林業の再生に向けた取組を実現していくため、施業の集約化、路網の整備、必要な人材の育成を軸とした各種施策の基本的な方向が位置づけられました。

    このような取組を現場レベルで実行していくためには、広域的・長期的視点に立った森林づくりと林業・木材産業の活性化に向けたビジョンを描き、ビジョンの実現に向け、関係者の合意形成を図りながら、各般の取組を進めていく中心となる技術者が必要です。

    このため、林野庁では、森林・林業に関する専門的かつ高度な知識及び技術並びに現場経験を有し、長期的・広域的な視点に立って地域の森林づくりの全体像を示すとともに、市町村等への技術的支援を的確に実施する森林総合監理士(フォレスター)について、育成を進めるとともに登録・公開制度を創設することにより、もって我が国森林・林業の健全な発展に貢献することとしています。

    現地検討会で講師を務めるフォレスター
    現地検討会で講師を務めるフォレスター

    国有林フォレスター等による民有林支援活動

    北海道森林管理局では「民有林と連携した地域の課題解決に向けた取り組み」を推進しています。

    各森林管理署・支署では民有林との連携強化や技術的支援をより具体化させるため、北海道の振興局、森林室との情報交換を通して地域林業の現状把握と課題の共有を行っています。

    そして、その中から各森林管理署・支署ごとに地域に貢献できる課題を絞り込み、当面、優先的に取り組むテーマを設定しています。「国有林フォレスター」は各地域において、これらの課題解決に向けた方策の検討を中心となって進め、具体的な施策の実施に結びくよう取り組んでいます。

    ゾーニング研修会で講師を務める国有林フォレスター
    ゾーニング設定研修会で講師を務める国有林フォレスター

    国有林発・フォレスター活動便り

    国有林フォレスターが民有林と連携して取り組んでいる森林・林業に関する地域課題解決の取り組みを定期的に紹介しています。

    フォレスター活動民国連携調整会議

    北海道と北海道森林管理局では、北海道各地のフォレスター等への支援を行うことを目的とした「フォレスター活動民国連携調整会議」を実施しています。

    フォレスター活動民国連携調整会議の写真

    地域課題の解決に向けた具体的な取り組み

    「地域課題の解決」に向けて、各森林管理(支)署では、国有林フォレスターが中心となり、署毎にテーマを設定し、民有林と国有林が連携するなど、具体的な対策に取り組んでいます。

    森林・林業の再生、林業の成長産業化を地域でけん引する人材の育成

    森林・林業の再生、林業の成長産業化のポイントは、戦後植林された人工林を中心に充実しつつある森林資源を循環利用するとともに、木材を効率的に生産するための路網整備や機械化、施業地の集約化など、持続可能な森林経営を実現していくため、新たな森林計画を実効あるものとすることです。

    そのためには、市町村森林整備計画の策定や森林経営計画の認定・実行監理など森林計画制度の運用を現場で担う市町村を技術面から支援する新たな人材として、高度な知識・技術と豊富な実務経験を有する「森林総合監理士」(フォレスター)の育成と活用が不可欠なものとなっています。

    また、対象区域内の森林所有者をまとめ森林経営計画を作成するキーパーソンになる森林施業プランナーや森林作業道を地形、地質等の現地の条件に応じて開設したり高性能林業機械を操作したりするオペレーターなどの現場の技術者・技能者の育成が不可欠となっています。

    このような中、北海道森林管理局では平成23年度から、森林・林業基本計画を踏まえ、国有林野の多様な立地を活かして、北海道における森林経営のニーズに最も適した研修フィールドや技術を提供することや、森林総合監理士育成研修(技術者育成研修・実践研修等)を実施し、人材の計画的な育成を行っています。

    高性能林業機械による森林整備作業

    森林総合監理士(フォレスター)とは?

    森林総合監理士(フォレスター)とは、森林・林業再生の必要性やその中での森林総合監理士制度の意義について市町村の理解を得つつ、地域の森林・林業の牽引者(リーダー)としての役割を果たし、(ア)構想の作成、(イ)合意形成、(ウ)構想の実現について市町村を支援する(地域の実態によっては森林総合監理士が構想の作成から実現までを実質的に実施する)人材です。

    森林総合監理士(フォレスター)の主な業務には次のようなものがあります。



    • 構想の作成
    地域の森林の整備、林業や木材産業の活性化の進め方について、自然的・社会経済的条件を踏まえ、長期的・広域的な視点に立った構想(マスタープラン)を描きます。

    • 合意形成
    地域の森林・林業関係者(森林所有者、森林組合、素材生産業者、木材加工業者、行政関係者等)や住民の間で、構想(マスタープラン)についての合意形成を図ります。

    • 構想の実現

    構想(マスタープラン)の実現に向け、制度や予算等を活用しながら具体的な取組を進めます。

    森林総合監理士の資格認定試験制度
    森林総合監理士の資格認定試験制度は平成25(2013)年度からスタートしています。

    技術者育成研修

    若手技術者を対象に、森林総合監理士(フォレスター)活動の基礎となる能力(技術力、構想力、合意形成力、ビジョンを構築する能力)を習得・向上させるための研修です。

    東京都内において講義・演習の座学を中心とした「中央研修」(4日間)、及び全国7ブロック(北海道、東北、関東、中部、近畿中国、四国、九州の各森林管理局管内をいう。以下同じ。)において演習・現地実習を中心とした「ブロック研修」(4日間)を実施しており、北海道森林管理局では、この「北海道ブロック研修」を実施しています。

    研修は、中央研修とブロック研修をセットで受講し、「中央研修」では、森づくりの理念、循環的な木材生産のための路網整備、木材の安定供給、林業事業体の育成等の講義と、フォレスターの活動報告を受け、フォレスターの役割を共有した上で、自身が地域に戻って取り組むべき具体的な行動プランを作成する演習を中心に実施しています。

    「ブロック研修」では、中央研修で習得した知識・技術を再確認し、現地実習を通じて、広域的、長期的な視点で森づくり構想、資源循環利用構想(木材供給ビジョンを含む)を検討する演習を行っています。 


    演習作業2
    森づくりの構想を練る研修生

    フォレスター研修日記(ブログ) 
    このブログでは、北海道森林管理局が森林・林業の再生、林業の成長産業化を地域でけん引する人材の育成として実施している、「技術者育成研修」及び「実践研修」の様子や関連情報をブログ形式で紹介しています。

    実践研修

    若手技術者を対象に、地域において森林総合監理士(フォレスター)活動を実践していく上で必要な知識・技術をレベルアップさせるため、地域特性等を踏まえた課題等をテーマに設定し現地検討方式で行う研修で、全国7ブロックで実施しています。

    研修は、森づくりや木材生産のコスト低減に向けた先進的な取組をテーマに、外部の専門家にも参加して頂き、地域のフィールドを活用した現地検討、課題の背景と解決策を共有するための地域の取組事例発表、現地検討後の意見交換等を行うカリキュラムにより実施しています。

    実践研修
    現地実習で路網配置の検討する研修生

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課
    ダイヤルイン:050-3160-6285
    FAX:011-622-5235

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader