このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    知床世界自然遺産 SHIRETOKO WORLD HERITAGE SITE

    「知床」世界自然遺産とは?

    世界遺産とは、人類が共有し、後世に伝えていくべき「顕著な普遍的価値」を持ち、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づき、ユネスコの世界遺産委員会において登録された遺跡や景観、自然などのことです。

    知床は、海域と陸域の生態系が相互に関係することによって創り出された自然が高く評価され、平成17年7月、世界自然遺産に登録されました。

    北海道森林管理局では、知床世界自然遺産の陸域の9割以上を占める約4万6千ヘクタールにおよぶ国有林を知床森林生態系保護地域に指定し、原生的な森林環境の維持・保全に努めています。

    また、知床世界自然遺産地域科学委員会から改良することが適当と助言を受けた治山ダム等においては、北海道森林管理局等で順次改良を進めており、これによりサケ科魚類の遡上環境が整えられ、海域と陸域との繋がりの改善を図っています。

    知床の原生的で豊かな森林は、陸域だけでなく大小の河川を通じて海をも育むことにより、知床半島全体の食物連鎖を支え、この地域の生態系を育んでいます。

      知床各地の風景写真   SHIRETOKO

    トピックス 

                     知床世界自然遺産地域科学委員会のニュースを斜里町・羅臼町の新聞折込で地域にお届けしています。
                                                                      バックナンバーはこちら(PDF : 15,045KB) NEW
    SHIRETOKO第3期知床半島エゾシカ管理計画(PDF : 913KB)  (2017年4月)NEW
    知床半島ヒグマ管理計画(PDF : 4,002KB)  (2017年4月)NEWSHIRETOKO
         

    知床世界自然遺産を維持管理する北海道森林管理局の取組 


      ○知床どんぐり調査(ミズナラ堅果結実調査)についてはこちら野生動物自動撮影調査についてはこちら  ○エゾシカの捕獲についてはこちら
      ○知床森林生態系保全センターについてはこちら

     知床世界自然遺産地域管理計画

    知床世界自然遺産地域管理計画(以下「管理計画」という。)は、関係行政機関や関係団体が緊密な連携を図り、知床世界自然遺産地域(以下「遺産地域」という。)を適正かつ円滑に管理することを目的として、各種制度の運用及び各種事業の推進等に関する基本的な方針を明らかにするものです。

    世界遺産の登録の際には「生態系」と「生物多様性」について高く評価されており、遺産地域の管理に当たっては、生態系と生物多様性の価値を維持し、多様な野生生物を含む原生的な自然環境を後世に引き継いでいくことを目標としました。

    管理計画では自然環境や社会環境等の遺産地域の概要をまとめるとともに、地域との連携・協働等の管理に当たって必要な視点を記述し、陸上生態系や海域の保全、自然の適正な利用等の10の項目について管理の方策を定めています。

    • 知床世界自然遺産地域管理計画 「概要」(平成21年12月22日)
    • 知床世界自然遺産地域管理計画 「全文」(平成21年12月22日)  

    知床世界自然遺産地域の保全状況について

       UNESCO世界遺産委員会決議に応じて知床の保全状況報告書を提出しています。

    知床世界自然遺産地域長期モニタリング計画

    知床世界自然遺産地域管理計画に定められた管理の方策のなかで、遺産地域を科学的知見に基づき順応的に管理していくため、長期的なモニタリングを実施することとなっています。
    本計画は、順応的な管理を「効果的かつ効率的」に実施するために必要となるモニタリング項目とその内容を定めることを目的に平成23年度末に策定されたものです。

          モニタリング項目は多岐にわたり、関係する行政団体が連携して実施しています。

    エゾシカの増加が知床の森林生態系に及ぼす影響について

      エゾシカの増加に伴い、知床の原生的な森林生態系に影響が現れていることから、固定調査プロットを設け植生への影響をモニタリングしています。
                                                     これまでの調査結果はこちら(平成15年度~) SHIRETOKO

    知床半島の陸上生態系に負の影響を与えているエゾシカの個体数調整について

        知床半島においてモニタリングしながらエゾシカの個体数調整を行い、植生に対する影響の軽減を図っています。

        平成28年度  NEW
    •  

     サケ類の遡上数等の調査


      河川におけるサケ類の遡上数、産卵場所および産卵床数等に係るモニタリングについて調査を実施した報告書です。(調査は隔年で実施)

    オショロコマの生息等調査


    知床半島の37河川を調査河川に設定し、水温の変化に非常に敏感なオショロコマの生息状況や河川の水温を長期的に調査することにより、知床の気候変動や生態系への影響などをモニタリングし、外来種の進入状況などを調べています。
    生息状況は5年で1巡する調査。水温は毎年測定しています。 

      調査結果の報告書
    平成28年度知床半島におけるオショロコマ生息等調査事業報告書(PDF : 5,924KB)NEW

    平成27年度知床半島におけるオショロコマ生息等調査業務報告書(PDF : 6,075KB)NEW

    平成26年度知床半島におけるオショロコマ生息等調査事業報告書(PDF : 3,204KB)NEW

    平成25年度知床半島におけるオショロコマ生息等調査事業報告書(PDF : 7,885KB)NEW

    サケ科魚類の遡上に影響を及す河川工作物の改良について

    北海道森林管理局は、知床世界自然遺産地域科学委員会の河川工作物アドバイザー会議を運営し、科学的助言を得ながら知床におけるサケ科魚類の遡上・降下・産卵環境の改善に取り組んでいます。

    知床の森の今の姿をブログで紹介します。森林の不思議や役割に興味を持ってみませんか。

            知床森林生態系保全センターのブログ「知床の四季」

     SHIRETOKO

     グリーン・サポート・スタッフBLOG~知床の今を伝えます

    知床で活躍しているグリーンサポートスタッフ(GSS)のブログを紹介します。

         ※「森林保護最前線!グリーンサポートスタッフBLOG」にリンクします。
     知床半島発!ウトロ・羅臼GSS通信 

    羅臼
    (知床世界自然遺産登録地の国有林)

    お問合せ先

    知床森林生態系保全センター
    ダイヤルイン:0152-24-3466
    計画保全部計画課
    担当者:自然遺産保全調整官
    ダイヤルイン:050-3160-6283

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader