このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    知床世界自然遺産内に設置された河川工作物への取組

        

    知床が世界自然遺産に登録される前の平成16年(2004年)、UNESCO世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)が、知床のダムに関してサケ科魚類が自由に移動できるような措置を講ずることを求め、我が国は「知床世界自然遺産地域科学委員会」を立ち上げ、その科学的な助言のもとで関係行政機関がダムの改良などに対応してきました。
    北海道森林管理局は、科学委員会に所属する河川工作物アドバイザー会議の事務局として関係行政機関と協働して河川工作物の改良やサケ科魚類を対象とするモニタリング調査などを進めています。

    パンフレット「生活を守りサケを育むダムへの挑戦」

    知床世界自然遺産地域科学委員会の河川工作物ワーキンググループにおける、河川工作物がサケ科魚類の遡上に与える影響の評価結果と、遡上に配慮したダム改良の事例を紹介しています。 

    「知床における河川工作物の改良」のパンフレット生活守りサケを育むダムへの挑戦 「森林(もり)の図書館にリンクします。

    これまでの取組

    河川工作物の影響評価(平成17年度~19年度)

    評価手法の確立、北海道森林管理局が河川工作物を設置している8河川についての影響評価及び改良が適当と評価された河川工作物の改良工法について検討しました。

    河川工作物改良の効果検証(平成20年度~25年度)

    河川工作物の改良を行ったイワウベツ川流域において、サケ科魚類の遡上・産卵状況などを調査し、産卵環境の改善を確認しています。

    改良を行った河川工作物の外部委員による評価

     河川工作物アドバイザー会議の委員5名が自主的にワーキングチームを組織してダム改良工事現場を視察し、さらにモニタリング結果を精査した評価報告書です。
           知床世界自然遺産地域内で改良した河川工作物の評価(平成25年3月)(PDF : 4,411KB)

    お問合せ先

    知床森林生態系保全センター
    ダイヤルイン:0152-24-3466
    計画保全部計画課
    担当者:自然遺産保全調整官
    ダイヤルイン:050-3160-6283

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader