ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内各センターのご紹介 > 釧路湿原森林ふれあい推進センター > 活動区域


ここから本文です。

活動区域

 釧路湿原森林ふれあい推進センターは、国有林をフィールドとして自然再生や生物の多様性の保全、森林環境教育を行うNPOなどの団体に対して技術的支援等を行う国(林野庁北海道森林管理局)の組織です。      

  

1 活動区域

当センターは、釧路総合振興局管内の8市町村(釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町)の国有林野を主な活動区域としています。

 

 主な活動区域   (左の地図をクリックすると、大きな画像で確認できます)

 

2 活動区域の特徴

活動区域の上流域の国有林には、阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖等を擁する阿寒国立公園が広がり、下流域には釧路湿原や別寒辺牛湿原が広がっています。釧路川に沿って広がる釧路湿原は現存する日本の湿原の中では最大の面積を持っています。古くから国の特別天然記念物タンチョウの生息地として知られ、多くの貴重な野生動植物の生息地になっているとともに、保水、浄化、洪水調節、地域気候を緩和する機能など、人々の暮らしを支える重要な役割を果たしています  

 

 (1) 雷別地区国有林

釧路湿原にあるシラルトロ沼上流域の雷別地区国有林(標茶町)では、気象害のため高林齢のトドマツが立ち枯れて疎林となった区域があります。当センターでは、この区域を対象に、生物多様性に配慮しながら郷土樹種による自然再生を実施しています。  

 トドマツの立枯跡地がササに覆われた区域(雷別) 将来の目標とする森林の状況

トドマツの立枯跡地でササに覆われた区域(左)と、将来の目標とする森林の状況(右)

 

(2) パイロットフォレスト

標茶町と厚岸町にまたがる約1万ヘクタールの未立木地をカラマツの一大造林地につくりあげたパイロットフォレストは、平成18年に造成50周年の節目の年を迎え、持続可能な森林経営の推進、道産カラマツ材の利用拡大に向けた実践や情報発信の拠点として期待されています。ここは、木材の生産だけではなく、次代を担う子ども達を対象とした森林環境教育の場の提供等に適したフィールドにもなっています。

森林環境教育の場として期待されるパイロットフォレスト

森林環境教育の場として期待されるパイロットフォレスト 

お問い合わせ先

釧路湿原森林ふれあい推進センター
〒085-0825 釧路市千歳町6番11号
Tel:0154-44-0533 Fax:0154-41-7305

森林管理局の案内

リンク集