このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    野幌森林再生プロジェクト

    狩平野に約2000ヘクタールにわたって広がる丘陵森林「野幌森林公園」(江別市ほか)は、世界的にもあまり例のない大規模な都市近郊林として、年間30万人以上の市民に利用されています。

    平成16年9月、この森林が台風により大きな風倒被害を受けたことから、北海道森林管理局では、当センターが中心となって、市民との協働により風倒被害跡地を自然林に再生させる「野幌森林再生プロジェクト」(略称:野幌プロジェクト)を実施しています。

    また、このプロジェクトは、特に平成16年から取り組みを強化している「開かれた国有林」を具体化するための北海道国有林のモデルプロジェクトにも位置づけられています。

    1.風倒被害と森林再生方向 

    平成16年台風18号による森林被害、野幌森林再生検討会による再生方向の検討について紹介します。

    2.森林再生活動の現状 

    野幌森林再生検討会の成果に基づき、平成17年度から様々な森林再生活動を開始しています。現在の活動内容を御紹介します。

    3.自然環境モニタリング 

    森林再生活動による自然環境の変化を把握するため、学識経験者からなる野幌自然環境モニタリング検討会を設置し、1年間にわたる検討を経て、平成19年3月、「野幌自然環境モニタリング調査指針」を策定しました。 

    4.プロジェクトの評価

    野幌プロジェクトのより魅力的で着実な実行に資するため、地域関係者や学識者からなる野幌プロジェクトフォローアップ委員会を設置しています。

     

     

     

    お問合せ先

    石狩地域森林ふれあい推進センター

    ダイヤルイン:011-533-6741