このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    研究成果発表

    研究成果を発表します

    森林技術・支援センターでは、技術開発課題について、開発目的と期間を定め、計画的な管理とデータ収集に努めています。 収集、分析した各種データ等を基に関係機関(北海道、森林総合研究所、林野庁等)が開催する研究発表会に積極的に参加し、研究成果やその経過等について報告を行っています。

    新技術は北の森に根付くか~コンテナ苗成長状況~(平成24年度) 

    北海道では、平成21 年からマルチキャビティコンテナによるコンテナ苗の育苗が本格的に始められました。

    九州においてはスギ・ヒノキのコンテナ苗による植え付けが進められているところですが、北海道の林業主要樹種であるトドマツ、アカエゾマツ、カラマツ等のコンテナ苗が北海道においても有効な造林技術であるのかは検証されていないところです。

     このため、森林技術センター(発表当時)では、森林総合研究所北海道支所と共同して、平成23 年度からトドマツ、アカエゾマツ、カラマツ、グイマツのコンテナ苗の植栽試験を行っています。

    本試験では各樹種のコンテナ苗と裸苗とを植栽し、植付功程や成長状況を比較調査することとしていますが、植栽後1 年目ではカラマツコンテナ苗で良好な成長がみられるところであり、これまでの取組み状況について紹介します。 

    詳しくはこちら(PDF:2,369KB)

     

    カラマツ天然林施業の可能性を探る(平成23年度)

    本課題は、当初カラマツ人工林の帯状伐採跡へ広葉樹を導入し、複層林造成を図ることを目的とした技術の開発が、人工植栽試験区については成長調査結果が把握できたことから20 年度末で終了することとし、天然更新試験区においては、レーキドーザで地表処理した箇所の広葉樹の更新がほとんど見られないこと、広葉樹よりむしろカラマツの天然更新の成績がよい( 20 年度時点で、カラマツ66,750 本/ha に対して、広葉樹36, 500 本/ha)ことから、カラマツの天然更新によるカラマツ― カラマツ複層林の育成を図ることを目的に変更して取組みました。

    詳しくはこちら(PDF:585KB)

     

    天然林での樹種の多様化を図る更新手法の開発(平成22年度)

    北海道の天然林はエゾマツ・アカエゾマツ・トドマツ等の針葉樹、また、ミズナラ・シナノキ・ニレ・ハリギリ・カンバ類等の広葉樹など、多様な樹種から構成される複層状態を呈し、諸被害に強く持続的に公益的機能が発揮されています。

    一方、一般的に林床は広くササに覆われていることから、上層木が消失するとササ生地化する恐れのある林分も見受けられます。

    従来、このような 林分では大規模な地がきや植え込みが行われてきましたが、地がきは主にカンバ類による単純な林層になる場合が多く、植え込みは樹種の適応性や作業効率の理由から針葉樹単一樹種となり、それらの更新完了後は特定の樹種に偏ることが多くなっています。

    このような背景から、この課題では針葉樹2種類、広葉樹3種類以上の更新を目標に、多様な樹種で構成された針広混交林への遷移を可能とする、更新方法の開発を目指します。

    詳しくはこちら(PDF:504KB)

     

    北海道における未立木地(ササ生地)の解消のための効率的な土壌保全更新手法の開発(平成21年度)

    旺盛な繁殖・適応力を持つササの制御は林業上の課題となっています。そして通常のササ生地での更新は、大型機械による地表処理ののち天然更新や人工植栽が図られますが、地理・気象条件等によっては土砂流出の懸念があることから、土壌保全に配慮した更新が望まれます。

    この試験ではブラッシュカッターの使用により上記の問題を解決とともに地拵・下刈の省力化を図ることを目的として実施しています。

    詳しくはこちら(PDF:511KB)

     

     エゾマツの播種による更新試験(平成20年度)

    北海道を代表する樹種であるエゾマツは、倒木上や林道の裏面など限られた条件でしか更新しないことや、暗色雪腐病などの病害等を受けやすいことから扱いが難しく、近年その造林面積とともに資源の減少が懸念されています。

    このような状況から、エゾマツの播種による更新の可能性を探り、資源としてのエゾマツの確保に資するため試験を行いました。

    詳しくはこちら(PDF:570KB)

     

    高寒風衝地のダケカンバ一斉林におけるトドマツ稚樹刈出し試験について(平成19年度)

    本試験地は、上川北部森林管理署管内に位置し、標高700m、周辺は笹の平と呼ばれている、チシマザサの密生地となっています。

    昭和46年にチシマザサ密生地を森林に誘導するため、大型機械により、10m搔き起こし、10m残しの仕様により、地がきを実施しまし、約36年が経過した現在は、平均樹高11m、haあたり材積181m3のダケカンバの一斉林となっています。

    しかしながら、ダケカンバ一斉林のままでは、風害・病虫害等に弱く、風害・病虫害により、再び笹に覆われた未立木地に戻ってしまう危険性があります。

    そのため、ダケカンバ一斉林を、より多様性の高い針広混交林へと誘導することを目的に、ダケカンバ一斉林に自然発生したトドマツ等について、間伐により上木であるダケカンバの密度をコントロールし、また稚樹の刈出しを実施し、経過観察しました。

    詳しくはこちら(PDF:579KB)

    topへ戻る

    お問合せ先

    森林技術・支援センター

    〒095-0015
    北海道士別市東5条6丁目
    TEL 0165-23-2161
    TEL 050-3160-5755(IP)
    FAX 0165-23-2164

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader