このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    木曽森林管理署南木曽支署

    注目情報

    木曽路はすべて山の中

        木曽森林管理署南木曽支署は島崎藤村の「夜明け前」の木曽路はすべて山の中であるに紹介されるように、長野県木曽郡大桑村、南木曽町、岐阜県中津川市(長野県木曽郡旧山口村)を管内とした、94パーセントを占める森林44,704ヘクタールの内、72パーセントの32,018ヘクタールの国有林を管理しています。 

    NEWアイコン  

    ※それぞれのページにジャンプします

    -お問い合わせ先-

    〒399-5301

    長野県木曽郡南木曽町読書3650-2

    電   話:0264-57-2400
    IP電話:050-3160-6070
    F A X :0264-57-2686


    急峻な山を曲がりくねり流れる木曽川(南木曽町)

    急峻な山間を曲がり流れる木曽川(南木曽町)

     

    暮らしを守る森林

    • 管内の国有林は、海抜330メートルの木曽川沿の賤母(しずも)国有林から「日本の屋根」といわれる中央アルプス空木(うつぎ)岳2864メートルの山岳地帯まで広く分布し、その多くが急峻です。
    • 特に木曽川左岸は風化した花崗岩地帯に加え降水量も多く、過去には、地域で「蛇抜(じゃぬけ)」と恐れられる土石流災害も発生しましたが、復旧治山工事により豊かな森林が再生しつつあり、木曽川下流、中京圏の生活用水、工業用水の重要な水源の源流域でもあります。
    • これら国有林は、土砂崩れを防ぎ、水源を守るなど、私たちの生命や暮らしに欠かすことのできない多くの働きをしています。

     空木(うつぎ)岳を南駒ヶ岳から望む

    空木岳(南駒ヶ岳から望む)

     

    青く流れる阿寺渓谷

    青く流れる「阿寺渓谷」(大桑村)

    豊かに潤う森林 

    • 管内の国有林には、原生的な森林も多く分布し、希少種の生息地として学術的に重要な森林もすくなくありません。
    • また、優れた自然環境に恵まれ、中山道「妻籠宿」の背景林あるいは、空木岳(日本百名山)、南木曽岳(日本三百名山)、田立の滝(日本の滝百選)、阿寺渓谷(日本の紅葉百選)など地域の観光資源として利用されています。
    • さらに、国有林から産出される樹齢百年を超える人工林ヒノキ等の木材は、地元伝統工芸はもとより、住宅や公共建築物、歴史的・文化的建造物などの材料として利用され、私たちの生活を豊かに潤いあるものにしてくれています。 

    メインページのハナノキ

    紅葉の柿其渓谷

    木曽ヒノキ

    希少種のハナノキ

    紅葉の「柿其渓谷」(南木曽町)

    荘厳な木曽ヒノキ

     里山など身近な散策マップ

           国有林のほとんどは、奥山、奥地にあるため、一般の方には訪れがたいイメージですが、このページでは里山や比較的身近な国有林の見所、おすすめウオーキングスポットをご紹介します。

           南木曽支署管内  身近な国有林散策箇所

    お問合せ先

    木曽森林管理署南木曽支署

    担当者:総務グループ 総括事務管理官
    ダイヤルイン:0264-57-2400
    FAX番号:0264-57-2686

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader