ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の所在について > 仙台森林管理署 > 仙台自然休養林マップ


ここから本文です。

仙台森林管理署

森林へのお誘い

  自然休養林へのお誘い

仙台自然休養林地区別面積 (単位:ha) 仙台自然休養林は、「杜の都」仙台が戦災や宅地開発によって緑が急減に失われつつあるなかで、残り少ない緑地帯のうち特に森林景観の優れている国有林を育成し、皆さんの憩いの場として利用していただこうと、昭和46年3月林野庁が指定し、保護整備にあたっています。
丘陵地帯の4地区と海岸地区の合わせて5地区からなる仙台自然休養林は、キジ、ウグイス、カッコウ等の野鳥、リス、イタチ、などの小動物の楽園であるだけでなく、市民の身近な緑、自然観察の場として利用されており、昭和61年には「全国森林浴の森100選」にも選ばれております。

地区 愛称 面積(ha)
海浜地区 浜辺の森 160.93
鈎取地区 モミの山 59.37
三共地区 水の森 45.97
台原地区 憩いの森 49.78
権現森地区 見晴らしの森 203.58
519.63

 

浜辺の森(海浜地区)の利用休止について

海岸防災林は、潮害の防備、飛砂・風害の防備等の災害防止機能を有しており、農地や居住地を災害から守るなど地域の生活環境の保全に重要な役割を果たしています。

浜辺の森(海浜地区)及び周辺の海岸防災林は、平成23年の東北地方太平洋沖地震による津波により、立木の根返りや消失といった甚大な被害を被り、現在、海岸防災林の再生に向けた復旧事業に取り組んでいるところです。

このため、浜辺の森(海浜地区)は、現在利用することができませんので、ご理解とご協力をお願いします。

森の巨人たち100選

林野庁では、全国の国有林の中から、胸高直径1m以上の樹木又は地域のシンボルとなる巨樹・巨木を「森の巨人たち100選」に選定しており、仙台森林管理署管内では、「えぼし千年杉」が選定されています。

 

えぼし千年杉(宮城県蔵王町)

蔵王町倉石岳国有林内に位置し、周囲のブナ等の広葉樹林の中に一本だけ威風堂々と生立しています。
古代修験者が奇石を発見し、その不思議な石相に驚嘆し、お山鎮護の山の神として祀り、神木とするためこのスギが植えられたとの言い伝えがあります。

えぼし千年杉高さ26メートルになるえぼし千年杉

 

【交通アクセス】

自動車の場合

新幹線の場合

八木山治山ガーデン(治山の森)

金剛沢国有林は、仙台市街地の南西に位置し、過去に地すべり(地層に流れる地下水が増えると、すべる部分ができて、地面が低い方へと動き出す現象)が起こり被害を受けました。

そこで、治山ダムやトンネルなどの施設をつくり、森林に戻しました。今では地すべりの観測や施設の点検と働きを保つための工事を行っております。また、遊歩道やあずま屋をつくり、八木山治山ガーデンとして皆様に親しんでもらえるように取り組んでおります。

渓間工事(沢の工事)

沢にある土砂が、大雨などで一気に流れ出さないように、治山ダムなどで、水の勢いを弱めたり土砂を溜めたりします。

バットレス鋼製ダム工

コンクリート谷止工

鋼製ダム工

コンクリート谷止工

 

 

山腹工事(山の工事)

 崩れた斜面や崩れそうな斜面を土留や水路などで、崩れが大きくならないようにして、森林へと導きます。

鋼製土留工

山腹工

鋼製土留工

山腹工

 

 

地すべり防止工事

地すべりの原因となる地下水を集水井やトンネルなどから抜いて、地面の動きを抑えます。 

集水井工

トンネル暗渠工

集水井

集水井内部

トンネル暗渠工

ボーリング室(トンネル暗渠工)

 

交通アクセス

仙台駅前にある市営バス乗り場8番(八木山南六丁目行き)から乗車し、「八木山南団地入口」で下車。徒歩10分。

本施設には駐車場がございませんので、公共の交通機関をご利用願います。

八木山治山ガーデン(治山の森)パンフレットはこちらから(PDF:1,311KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集