ホーム > 森林への招待状 > 森林とふれあう > 森の巨人たち百選 > あがりこ大王(ブナ)


ここから本文です。

あがりこ大王(ブナ)

【所在地:秋田県にかほ市】

あがりこ大王鳥海国定公園、鳥海自然休養林内。

鳥海山麓北側の中島台一帯に多く見られるブナの奇形木の最大級である。

奇形木の原因は定かではないが、付近に炭窯跡が多く見つかっていることから、雪上で伐採された幹から萌芽したためとする説が有力視されている。

幹が上がったところで子に分かれていることから「あがりこ大王」と命名。

あがりこ大王データ 

 

幹周り

7.62メートル

樹高

25メートル

樹齢(推定)

300年以上

  

アクセス

象潟町から県道を矢島町方面へ約30分で中島台レクの森駐車場、遊歩道を散策しながら約45分

あがりこ大王位置図(PDF:299KB)

中島台看板

中島台レクリェーションの森・獅子が鼻湿原の案内看板

関連リンク

保全協議会で実施している保全活動等(平成23年度実績)

ウッドデッキ保守点検(年3回)

樹木医による定期観察及び殺菌剤塗布作業(年2回)

問い合わせ先

電話:0184(22)1076

電話:0184(43)7502     

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集