ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 国有林の管理経営 > 国有林の保全管理 > 保護林及び緑の回廊 > 仁鮒水沢スギ植物群落保護林


ここから本文です。

仁鮒水沢スギ植物群落保護林 

 

 

 

 

 

森林管理署  米代西部森林管理署
所在地  秋田県能代市二ツ井町田代字田代沢国有林4林班と小班
面積  18.46 ha
設定年月日  平成5年4月1日(昭和22年)
設定目的  天然秋田スギの自然状態における保存と成立過程要因の解析、生態系等の学術研究等に資することを目的とする。
概況等  本保護林は、天然老齢林で下木に若干の幼齢広葉樹が混成し、一部にヒバが点在している。スギは、優勢木と被圧木の区別が画然とし二段林のようになっている。
法令等  史跡名勝天然記念物(秋田県指定 昭和46年4月20日) 18.46ha
保健保安林 18.46ha
取り扱い方針  本保護林の旧班時代の保育については不明であるが、明治以後、殆ど保育及び伐採を行ったことがなく、僅かに風倒木や枯損木等の被害木を伐採搬出した程度である。昭和22年に現存する天然性スギ林で、斧、鋸を入れない状態を維持しているものの代表的林分として、第1種林地に編入のうえ禁伐とし、学術参考保護林に設定したものであり、特別の試験研究のための具体的方策は定められていない。その後、平成5年4月1日第1次施業管理計画で植物群落保護林に再編された。

 

 関連リンク

お問い合わせ先

計画保全部計画課
ダイヤルイン:018-836-2092
FAX:018-836-2203

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。