このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    民有林と連携した森林づくり

    森林・林業の再生を図るため、民有林と国有林、上流域と下流域が連携して、森林の整備・保全や林業・木材産業の振興等に取り組む「森林の流域管理システム」を推進しています。  

     民・国連携した森林整備の推進

        九州森林管理局では、九州地域における森林整備を推進するため、民有林関係者の方々との情報の交換や共有化などを進めるとともに、民有林との森林共同施業団地を設定し、効率的な路網の開設や間伐を推進していくこととしており、それらの取組について、ご紹介します。

    九州地域における森林整備の推進に関する覚書(包括覚書)の締結

    九州フォレスト・コンファレンス

    森林整備推進協定の締結

    あなたの町の国有林

        各流域における国有林野事業の取組等について、ご紹介します。

     

    持続可能な森林経営の推進に向けた取組

        民有林と連携した、持続可能な森林経営の推進に向けた取組について、ご紹介します。

     

    森林・林業の技術交流発表大会

    九州・沖縄の産・学・官の森林・林業関係者などが一同に集い日頃の取組や成果を発表し、地域林業の活性化や森林・林業技術の向上を図ることを目的に実施しています。
    平成29年度森林・林業の技術交流発表大会(PDF : 1,041KB)

     

    地域林政対談

       林業の成長産業化の実現に向けて林業を着実に発展させ、地域における雇用の場の創出と所得水準の向上をもたらす産業へと転換することが極めて重要な課題となっています。
       このような中で、地域の森林・林業行政を牽引されている市町村長及び県関係者と九州森林管理局の林業関係機関が、各々の地域で実際に直面している具体的な課題について、同じ視点に立って今後の地域林業政策を展開していくことを目指して、情報交換や意見交換を行う懇談の場として「地域林政対談」を実施しています。

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課
    ダイヤルイン:096-328-3624
    FAX番号:096-326-7062

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader