このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    イベント情報

    参加者募集

    1 平成29年9月2日(土曜日) 終了しました
       「オホーツクの森づくり」参加者募集

    2 平成29年8月26日(土曜日) 終了しました
       山の日記念「仁頃山散策会」参加者募集

    3 平成29年7月23日(日曜日) 終了しました
       「こども探検隊」参加者募集

    4 平成29年6月25日(日曜日) 雨天中止
       「オホーツクの森づくり」参加者募集

    5 平成29年6月15日(木曜日) 終了しました
       第14回 オホーツクの森「ボランティア育樹」参加者募集

    6 平成29年5月28日(日曜日) 終了しました  
       「森林の魅(味)力を感じよう!」参加者募集


    イベントの開催状況

    平成29年9月2日(土曜日) オホーツクの森林づくり

    「オホーツクの森」で、森林ボランティア「オホーツクの会」と当センターの共催、オホーツクの森自然再生モデル事業企画運営協議会の後援で開催しました。
    これは、これまで「自然再生モデル林」に植栽した広葉樹の手入れを通じて、その生長を確認するとともに「オホーツクの森」を散策し、自然再生モデル事業や森林の働きなどの理解を深めるために実施しているものです。
    当日は7名の参加があり、植栽木の場所がわかるように標示杭の設置や植栽木がササに覆われないように刈出しなどを行うとともに、午後からは平安遊歩道で森林散策を行いました。
    また、森林散策などのストレス解消効果を確かめるため、集合時と終了時に唾液中のアミラーゼ濃度を調査し比較したところ、参加者の半数以上のアミラーゼ濃度が低下し、本日の植栽木の手入れと森林散策が、ストレス解消につながったようです。
    なお、植樹木は参加者の皆様の手入れにより、年々、生長しています。

    植栽木の刈出しの様子 森林散策の様子



    平成29年8月26日(土曜日)  「山の日」記念 仁頃山散策会

    森林環境と眺望に優れ人々に親しまれている仁頃山国有林で、オホーツク総合振興局東部森林室と国有林(網走中部森林管理署、常呂川森林ふれあい推進センター)が共催で散策会を開催しました。
    当日は24 名が参加し、旧北見市最高峰829m の頂上を目指すチャレンジコース(登山)と、植物などを観察しながら5 合目を目指すのんびりコース(散策)の二つのコースに分かれ、富里湖森林公園駐車場を出発しました。
    出発直後に、通り雨が降りましたがその後は晴天となり、のんびりコースではキツリフネ、イケマ、ヨツバヒヨドリ、アカミノルイヨウショウマ、トリカブト、ハンゴンソウ、キンミズヒキなどを観察し、スタッフから植物の生きるための知恵や工夫などの説明を受けながら、2 時間30 分で目的地に到着しました。
    チャレンジコースの参加者からは、「頂上からの360 °のパノラマに歓声が上がりました。」また、のんびりコースの参加者からは、「日頃の運動不足を実感しました。」や「次回は頂上を目指したい。」などの声があり、「山の日」の趣旨である「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」ことが実感できた一日となりました。


    散策の様子(のんびりコース) 頂上での記念撮影(チャレンジコース)



    平成29年7月23日(日曜日)  オホーツクの森「こども探検隊」

    北見市内などの小学生12名の参加により、オホーツクの森「こども探検隊」を行いました。
    これは、森林での自然観察や遊び体験などを通じて、森林や自然の魅力の発見と併せて、森林・林業や自然の大切さを感じてもらうために、森林ボランティア「オホーツクの会」の協力を得て行ったものです。
    まずはじめに、初めて会った子どもたちが、仲良くなるためのゲーム「アイスブレイク」を行った後、2グループに分かれて行動開始です。
    森林探検では、ジャンケンや早口言葉、双眼鏡を使った動物カード探しなどにチャレンジしました。
    その後、昼食まで川遊びをしたり「オホーツクの会」の協力で設置したブランコやハンモックを楽しみました。
    午後からは、カラマツのマツボックリでフクロウを作成したり、木の枝を使ったパチンコを作成したところ、子どもたちはできあがったパチンコを手に、的当てに夢中でした。
    今回の「こども探検隊」では、送迎の保護者の方を対象として、花炭の作成や森林散策などを行ったところ大変好評でした。

    動物カード探しの様子 川遊びを楽しむ子どもたち



     

    平成29年5月28日(日曜日)  「森林の魅(味)力を感じよう!」

    オホーツクの森で山菜アドバイザーの工藤森生氏を講師としてお招きし、「森林の魅(味)力を感じよう!」を開催しました。
    この催しは、昨年から国民の祝日となった「山の日」の制定の趣旨である「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」をテーマとして実施したもので、北見・美幌・遠軽・津別から20名の参加がありました。
    工藤講師からは、「山菜採取は欲との闘いであり、『たくさん採りたい(物欲)』、『他の人に知られたくない(独占欲)』、などを捨て去ることが大切。自分で食べる分だけを丁寧に採取することで調理も楽であり、新鮮な山菜はアクも少なくおいしく食べられる。」との話がありました。
    その後、「森の家」の周辺でタンポポ、ヨモギ、ヨブスマソウ、セリなどの食べられるもの、クサノオウ、バイケイソウ、エゾノレイジンソウ(トリカブトの仲間)などの食べられないもの(毒草)を学びながら試食用の山菜を採りました。
    試食タイムでは、採りたてのウド・ミツバ・ヨモギ・ヨブスマソウ・クサソテツなどを塩を入れたお湯でシャブシャブし、マヨネーズや味噌などのタレで「山菜シャブシャブ」を食するとともに、そのお湯で茹でたパスタをオリーブオイルと塩こしょうで味付けした「山菜パスタ」を堪能しました。
    「ヨブスマソウは、初めて食べたけど食感が最高!」や「タンポポ(花)のシャブシャブは、色もきれいでおもしろい。」、「今日の夕食は山菜パスタ。」などの声がありました。

     講義の様子  試食の様子
       



    平成29年度のイベント予定

     

     開催予定月日  行       事       名  行     事     内     容  参加対象
    5月17日
      ~21日
     森林のパネル展
     (クラフトづくりは20日と21日)
      北見市「緑のセンター」で、自然再生モデル事業や森林環境教育、オホーツクの森を紹介するパネル展示や木工教室を行います。

    どなたでも
    終了しました
     5月28日
    (日曜日)
     森林の魅(味)力を感じよう!   山菜アドバイザーが、山菜取りのマナーとルールを解説するとともに、山菜採りや調理の実習を行います。

     大人一般
    終了しました
      6月15日
    (木曜日)
     第14回
     オホーツクの森ボランティア育樹
      小学生やボランティア団体等が参加し、枝打ちを実施するとともに、育樹終了後は、森林散策を予定しています。

     大人一般
    終了しました
     6月25日
    (日曜日)
     オホーツクの森林づくり    自然再生モデル林で、カミネッコンによる植栽や食害防止シートの補修等の森林づくり体験を行います。

     大人一般
    雨天中止
    7月23日
    (日曜日)
     こども探検隊  オホーツクの森で、森林探検やゲーム、木工クラフト作りを行います。 小学生
    保護者
    終了しました
    8月26日
    (土曜日)
     山の日記念
      「仁頃山散策会」
     8月11日は「山の日」です。「山の日」を記念して、北見市近郊の仁頃山国有林で森林で散策を行います。  大人一般
    終了しました
    9月2日
    (土曜日)
     オホーツクの森林づくり    自然再生モデル林で、カミネッコンによる植栽や食害防止シートの補修等の森林づくり体験を行います。 大人一般
    終了しました
      9月29日
    ~10月9日
     森林のパネル展
     (クラフトづくりは7日~9日)
      北見市「緑のセンター」で、自然再生モデル事業や森林環境教育、オホーツクの森を紹介するパネル展示や木工教室を行います。

    どなたでも 


      (注)イベントの開催日時等は、予告なく変更する場合があります。詳細については随時、ホームページでお知らせします。


    お問合せ先

    常呂川森林ふれあい推進センター
     〒090-0035 北見市北斗町3丁目11-3
    【Tel】0157-23-2960 【Fax】0157-26-2144

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader