このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    2017年6月

    知床ウトロ発!ウトロGSS通信

    知床!ウトロ・羅臼GSS通信

    6月5日(月曜日)羅臼岳(羅臼町側)入林箱設置

    本日はさわやかな青空の下、羅臼岳(羅臼町側)の入林箱の設置を行いました。

    羅臼森林事務所にて冬眠していた入林箱を歩道入り口まで運びます。

    本日は羅臼森林事務所の森林官との共同作業です。

     

    写真1

    まずは仮支柱を抜き取ります。

    この仮支柱は冬期間に土などで穴がふさがれないように入れておいたものです。

     

    写真2

    入林箱の支柱が無事に入ったら・・・ 

    写真3

    主役の箱を上から差し込むように乗せて・・・

     写真4

     

    金具で固定し、設置完了です! 

    写真5

    箱の中には入林簿が入っています。
    この入林簿は、利用状況の把握にも役立っているほか、緊急時における貴重な情報源となりますので、必ず記帳するようお願いします。

     写真6

     入林箱設置後は「熊越えの滝」の巡視を行いました。

    写真7

    歩道の頭上ではオオカメノキの花が可愛らしく咲いていました。

     写真9

     

    平成29年6月1日(木曜日)

    本日より平成29年度の知床半島GSS活動をスタートいたしました。


    知床連山の残雪状況

    今日の知床連山の残雪状況です。

    この残雪は8月中旬まで残り、徐々に解けてなくなっていきます。

    カムイワッカ湯の滝

    本日より、カムイワッカ湯の滝に通じる道道93号線が開通となりましたので、早速巡視を行いました。
    カムイワッカ湯の滝は現在、一の滝上部まで散策が可能です。


    ぼろぼろの立ち入り禁止テープ

    昨年度まで使用していた植生保護のための立入禁止テープがひと冬の間にボロボロになっていたので、新たに設置し直しました。

    川の中を歩く

    カムイワッカ湯の滝を散策の際は周辺の植生を損なうことの無いよう、川の中を歩いていただくようお願いしています。

    川の中は温泉成分で滑りやすいところがあります。

    底が柔らかいマリンシューズやサンダル、くつ下で歩くことをお勧めします。

    一の滝の看板

    一の滝では看板が取れかかっていたので、結束バンドで設置し直しました。

    直した一の滝の看板

    今年もこの看板と共にたくさんの写真が撮られることでしょう。

    エゾノタチツボスミレ

    湯の滝の脇では小さなエゾノタチツボスミレが開花していました。


    今後このブログにて、知床森林生態系保護地域(全域が知床世界自然遺産)ならではの活動内容や残雪状況、お花の開花情報をお伝えしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします!

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271
    FAX:011-622-5194