このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    主な活動区域

    石狩地域森林ふれあい推進センターの主な活動区域は、札幌市周辺(札幌市、江別市、北広島市)の国有林野です。

    札幌市における国有林野のうち、市内を貫流する豊平川の上流・源流部に位置する定山渓の国有林野については、水源林として重要な役割を果たしているほか、市民参加による水源林整備等に取り組むボランティア団体等の活動の場や森林環境教育の場として利用がみられることなど、市民生活とのかかわりが深い地域になっております。

    また、江別市、北広島市における国有林野については、「レクリエーションの森」として「昭和の森野幌自然休養林」等を整備しており、市民の保健休養の場及び、学校、団体等による森林環境教育の場として利用されております。

    当ふれあいセンターの主な活動区域の国有林野には、上記のような貴重な天然林を有し、また、市民によるレクリエーション利用が広くみられるとともに、重要な水源林として意識されていることに加え、風倒被害地の森林再生が重要な課題になっており、こうした状況を背景に、NPO、教育関係者等から、自主的な森林整備・森林再生の活動、森林でのマナー等の指導及び外来種の拡大防止と在来種の植生保護等に対する支援や、森林環境教育プログラムの作成、森林環境教育を担う指導者の養成等森林環境教育などを推進しているところです。 

     

    お問合せ先

    石狩地域森林ふれあい推進センター
    ダイヤルイン:011-533-6741
    FAX:011-533-6743