このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    技術開発進行中!

    森林技術・支援センターでは、森林の公益的機能を重視したこれからの国有林野の管理経営に対応する新しい森林づくりを目指し、北海道森林管理局技術開発委員会で設定された、技術開発目標を達成するために、様々な技術開発課題に取り組んでいます。

    現在、継続中の課題は以下のとおりです。

    北海道型作業システムを踏まえた路網作設に伴う林業生産コスト低減の検証(開発期間:H25~28)

    木材価格の長期低迷などを背景に林業の採算性は悪化しており、林業の収益向上のためには素材生産、特に間伐におけるコストの低減が重要な課題の1つとなっています。

    このためには、高性能林業機械の性能を最大限に発揮させることを中心とした労働生産性の向上が不可欠であり、合理的に配置された路網と、素材生産の工程全体を通じて生産性が高まるような人材や林業機械の配置による高効率低コスト作業システムを構築することが重要です。

    本試験では、高効率な作業システムに対応し得るモデル的な路網作設をとおして、北海道の特性にマッチした高効率・低コスト作業システムの確立を目指した取組を行います。

    詳しくはこちら北海道型作業システムを踏まえた路網作業に伴う林業生産コスト低減の検証(PDF : 2,063KB)

    路線計画図  ハーベスタによる伐採作業  フォワーダによる集材作業

    路線計画図                             ハーベスタによる伐採作業       フォワーダによる集材作業  

     低コストを目指したトドマツ等の低密度管理の検証及び技術の確立(開発期間:H28~30)

    低密度植栽を実践して、その後の植栽木の密度管理や下刈り等の施業のあり方についての具体的な手法の開発と効果および導入条件の検証を行い、低密度植栽の方法及び技術の確立を目指します。

    地況・林況に応じた植栽本数の確立のため、植栽試験地における活着生長調査等、道内各地のデータ収集・分析を行います。

     

    詳しくはこちら低コストを目指したトドマツ等の低密度管理の検証及び技術の確立(PDF : 1,153KB) 

    北海道国有林におけるコンテナ苗の効果の検証(造林・保育コストの低減)(開発期間:H26~28)

    全道の国有林コンテナ苗のデータを局・センターにおいて分析し、センターのコンテナ苗試験地の結果とも対比させ、更なる造林・保育コストの低減等に向けたコンテナ苗の効果を検証することとして、平成26年度より実施しています。

    センター試験地では、マルチキャビィティコンテナで育苗した苗木(以下「コンテナ苗」という。)の植栽を行い、普通苗木(いわゆる「裸苗」)との植栽功程や成長等の比較検討をすることにより、コンテナ苗が北海道において有効な造林技術となり得るかについて検証することを目的としています。

    センター試験地は、トドマツ、アカエゾマツ、カラマツ、グイマツのコンテナ苗について、クワ・スペード・ディプル・プランティングチューブを使用した植栽と、現行の普通植え(裸苗をクワで植栽)での植栽を平成23年秋に実施しました。今年度も、それぞれの苗木の活着状況調査と成長調査等を実施します。

    コンテナ苗は培地がついたまま植え付けられるので、植栽時期を選ばず(土壌の凍結時期を除く)専用の器具による効率的な植え付けが可能で、活着がよく成長が早いことから、造林・保育コストの低減が期待されているところであり、今後の北海道における造林技術としての有効性に向けて取り組んでいきます。

    詳しくはこちら北海道国有林におけるコンテナ苗の効果の検証(造林・保育コストの低減)(PDF : 1,431KB) 

     コンテナ苗  コンテナ苗の専用の道具を用いた植栽作業                         コンテナ苗の生長量調査
     コンテナ苗                コンテナ苗の専用の道具を用いた植栽作業    コンテナ苗の生長量調査

     

    北海道における低コスト再造林を目指した天然更新活用型作業方法とその効果の検証(開発期間:H27~29)

    本課題は、人工林主伐後の天然更新を低コストで誘導するための「地がき」方法を確立することを目的としており、人工林主伐後にあわせて実施可能な地表処理方法を検討します。

    トドマツ人工林については、主伐後に実証試験地を設定し、更新状況やコスト分析の評価を行い、効果的な方法を検証します。

    センター試験地では、伐採跡地に地表処理を実施し、カラマツを天然更新させることで森林の育成を可能とする低コスト造林技術の開発を行うことを目的として既試験地を設定していますので調査を継続してカラマツ更新手法についての検討を行うこととしています。

    詳しくはこちら北海道における低コスト再造林を目指した天然更新活用型作業方法とその効果の検証(PDF : 2,085KB)

     地拵作業  シードトラップを設置した試験地           更新状況調査
     地拵作業                            シードトラップを設置した試験地    更新状況調査

       

    完了した技術開発課題

    お問合せ先

    森林技術・支援センター

    〒095-0015
    北海道士別市東5条6丁目
    TEL 0165-23-2161
    TEL 050-3160-5755(IP)
    FAX 0165-23-2164

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader