このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    名古屋事務所

    〒456-8620  愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番20号

    TEL:052-683-9206
    FAX:052-683-9269
    E-mail:c_nagoya@maff.go.jp

     

    NEWアイコン 「熱田白鳥の歴史館」の開館と休館のお知らせ NEWアイコン

    ※「臨時休館」
          ・9月4日から9月7日まで(4日間) 他の行事のため終日休館
          ・9月13日 他の行事のため終日休館
          ・9月19日 他の行事のため終日休館
          ・9月20日 他の行事のため午前休館(午後は13時より通常開館します。)


    ※「通常の開館時間等」
          ・開館日:月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
          ・開館時間:9時00分~12時00分、13時00分~16時00分

    NEWアイコン 新着情報 NEWアイコン 

    NEWアイコン平成30年9月5日
          木づかい推進月間協賛シンポジウム「A材の生産と利用の拡大に向けて」とのテーマで
          「熱田白鳥の歴史館」でシンポジウムを開催します。
          申込みはPDFをダウンロードしていただき、名古屋造林素材生産事業協会へお願いします。
          
    A材の生産と利用の拡大に向けて チラシ

    NEWアイコン平成30年8月24日
          木曽の国有林見学会2018秋季を平成30年10月25日に開催します。
          募集チラシ、申込用紙はこちら→木曽の国有林見学会2018秋季募集

         
    平成30年7月27日
          木曽の国有林見学会2018夏季にご参加いただいた皆様
          
    「これまでのイベント情報」にご参加いただいた皆様へのお知らせを掲載しました。

        
    平成30年7月24日
          
    ★夏休み特別企画!丸太切り体験募集のお知らせ(PDF : 600KB)
           
    今年も丸太切り体験の募集を行います。夏休みの思い出にひと汗流してみませんか?

         平成30年7月24日
          
    「ブランド材を用いた新たな洋風パーティションコンペ」を実施(デザイン募集)します。
    ブランド材を用いた新たな洋風パーティションコンペ
    (応募用紙、募集要領)
    (PDF : 1,394KB) 

       
      平成30年6月12日
          木曽の国有林見学会2018春季にご参加いただいた皆様
          「これまでのイベント情報」にご参加いただいた皆様へのお知らせを掲載しました。

         平成30年6月7日
          なごやコレクションカードの配布について
           6月3日より「
    なごやコレクションカード」を配布させていただいています。
           開館日、開館時間をご確認のうえ、お出かけ下さい。

         平成30年5月30日
          明治150年森林政策の歩み 「パネル展示」

      今年、平成30年(2018年)は明治元年(1868年)から起算して満150年の年に当たることを受けて
      林野庁としても情報のアーカイブ化と情報発信をしています。林野庁ホームページはこちら
     「熱田白鳥の歴史館」でもパネル展示を行っています。

        平成30年4月4日
          【イベント情報】能郷白山開山1300年特別展示

      平成30年は能郷白山開山1300年の節目となります。
     「熱田白鳥の歴史館」エントランスホールにおいて特別展示を行っています。

    これまで のイベント情報へ(別ウインドウで開きます)

    過去に開催した、中部森林管理局や熱田白鳥の歴史館に関する、様々なイベントやその様子を紹介しています。

    お知らせ一覧へ(別ウインドウで開きます)

    中部森林管理局や熱田白鳥の歴史館に関するイベントや取り組み、森林・林業に関係する出来事などを紹介しています。

    名古屋事務所の概要

    中部森林管理局名古屋事務所は、国有林野事業における地元サービスの向上を念頭に、「公益的な機能の一層の発揮」と「多様な樹材種の供給源」としての国有林の役割を果たすため、管理経営の一層の推進を図り、国民の期待や要望に応えていくため

    (1) 的確な地域・地元対応を確保するため、必要な機関、地元関係者等との連絡調整

    (2) 木材の消費・流通の一大拠点である名古屋を控え、主な木材(原木)市場等の木材価格や需給動向等の取引情報の収集・分析・情報共有

    (3) 上流地域住民と下流地域受益者との連携強化のため、森林・林業や木材利用等に関する情報発信等

    についての業務を行っています。

    具体的な業務

    (1) 中部圏の行政の中心である名古屋市にあって、関係機関等との連絡調整及び地元サービスの窓口業務。

    木材供給、農林水産業の六次産業化等、森林・林業に関する各種団体等の会議への参加のほか、国の地方支分部局や愛知県、名古屋市等との連絡調整等。

    (2) 木材の需給に関する業務

    ア 地域の木材需給等に関する情報の収集及び上局との連携

    イ 中京圏内での国有林野材の普及・宣伝業務

    ウ 富山県、岐阜県、愛知県内の森林管理署等への木材供給に関する指導・助言

    (3) 普及宣伝業務

    流域の上下交流の下流側として、下流住民に上流との繋がりを普及するための展示、見学会の実施などの業務。

    木材利用等の普及・宣伝のために展示室の整備・活用。

    各機関(国、県、市等)と連携した、一般向けの木材利用等についてのセミナーの開催。

    その他、森林・林業及び木材利用等の普及宣伝業務。

    別ページで閲覧したい方は、右のバナーをクリックしてください。 木づかい情報


    熱田白鳥の歴史館

    熱田白鳥の歴史館 チラシ PDF(1.5MB)



     1610
    (慶長15)年に福島正則によって開削された堀川は、名古屋城築城の資材を搬入する中心的ルートとして利用され、材料置場・船置場として大池が掘られました。この大池周辺が白鳥貯木場の始まりです。熱田白鳥は木材の一大集散地として江戸時代は尾張藩、明治以降は国が管理し、売り払われた木材は名古屋のまちづくりや産業発展を支えました。
      「熱田白鳥の歴史館」では、白鳥貯木場の歴史や木材の流送などを写真、絵巻(複製)、映像にてご覧いただけます。また、森林・林業・木材利用などについて学習できる場ともなっています。

       
    展示物:大ヒノキの年輪板 森林や林業についての学習の場

     周辺情報(花の情報など)

        これまでの周辺情報へ (別ウインドウで開きます)

    名古屋事務所へのアクセス

     地下鉄名城線 神宮西駅 4番出口 徒歩10分
     地下鉄名港線 日比野駅 1番出口 徒歩15分
     市バス  熱田巡回(左回り) 熱田生涯学習センター下車 徒歩2分

     ※駐車場に限りがあるため、公共交通機関をご利用下さい。

     

        

    アクセスカウンター

    お問合せ先

    中部森林管理局名古屋事務所

    ダイヤルイン:050-3160-6660
    FAX番号:052-683-9269

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader