このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    桑ノ木台湿原での取組

    写真:桑ノ木台湿原全景
    鳥海山を借景とした桑ノ木台湿原
    (写真提供:「本荘山の会」会長 荘司昭夫氏)

    桑ノ木台湿原の概要

    レクリエーションの森

    秋田県由利本荘市矢島町木境鳥海国有林にある桑ノ木台湿原は、平成3年4月に林野庁が「湿原植生自然観察教育林」として、レクリエーションの森に指定しています。
    指定面積は43.08haで、このうち湿原区域は13.24haとなっています。また、当区域は鳥海国定公園第3種特別地域に指定されています。

    桑ノ木台湿原の特徴

    桑ノ木台湿原は鳥海山東麓の標高約700mの泥流堆積地に発達した湿原で、鳥海山に面した西側には地すべりで生じた落差70mの崖があり、独立した台地状の地形になっています。

    泥炭層の厚さは平均で54cmあり、北西部がとくに厚く、最大で133cmあります。泥炭層の厚さや植物群落からみて、本湿原は低層湿原で、一部で高層湿原への発達傾向も窺わせる自然度の高い湿原と捉えることができます。低層湿原は概して人里に近く、水田などに開発されたものが多いなかで、こうした自然度の高い湿原は今や貴重です。

    植生は、ミズバショウ、ミツガシワ、ワタスゲ、ノハナショウブ、サワギキョウ、カキラン、トキソウ、モウセンゴケ、レンゲツツジ等多く、6月上旬には、ワタスゲとレンゲツツジの白とオレンジの色あいが楽しめ、自然観察の格好の地となっています。

    写真:桑ノ木台地形図
    地形図(クッリクで拡大)

    桑ノ木台湿原の保護対策

    桑ノ木台湿原は、インターネット上で風景写真等が広く紹介されたこともあり、入り込み者が急増し、貴重な湿原が踏圧等によって荒廃する現状にありました。
    このため、平成20年7月に由利森林管理署長の諮問機関として、関係行政機関及び地元自然保護団体、山岳関係者、湿原・動植物に関する有識者等を構成メンバーとする「桑ノ木台湿原の保全と保護に関する検討委員会」を設置し、湿原の保護対策に関する検討を行ってきました。
    こうしたなか、由利森林管理署は植生現況など湿原基礎調査(平成21年5月~9月)を実施し、この調査をベースとして平成22年3月の検討委員会では、保護と活用を目的とした「施設整備計画」が決定され、計画に基づく施設整備を実施することとなりました。このため、2年間程度、桑ノ木台湿原への立ち入り禁止など以下の緊急保護対策を実施してきました。

       1 湿原への立ち入り禁止
       2 桑ノ木台湿原へのアクセス道路である鶯川林道の車両通行止
       3 緊急保護対策への理解を求める立て看板の設置
       4 巡視活動


    写真:湿原入り込み状況 写真:湿原踏圧状況

    湿原への入り込み状況

    踏圧による荒廃

    写真:21第1回検討委員会 平成28年度検討委員会

    湿原の保護対策に関する現地検討

    平成28年度検討委員会


    木道等の施設整備

    由利森林管理署では平成22~23年度の2年にわたり桑ノ木台湿原木道等施設整備工事を実施。平成23年11月に完成しました。
    平成23年度は木道等施設の一部が完成したことから、期間(6~7月)とルートを限定して一般開放しました。
    平成24年度から木道等の施設整備による周回ルートが完成したため、一般開放することとなりました。


    オープンセレモニーH23.6.2② オープンセレモニーH23.6.2①

    オープンセレモニー(暫定開放時)

    暫定開放

    120601 桑ノ木台オープンセレモニー③ 120601 桑ノ木台オープンセレモニー④

    オープンセレモニー(H24.6.1)

    全面開放


    保全管理協議会の設置(桑ノ木台湿原保全管理協議会)

    設置目的

    桑ノ木台湿原の生態系をより望ましい形で後世に引き継ぐため、異変に対する迅速的確な対応や適切な利用を定めた「保全管理計画書」の運用並びに補強、改訂に関する協議を行い、管理主体である由利森林管理署長へ提言する。

    保全管理協議会の構成

      ・由利森林管理署
      ・秋田県自然保護課
      ・秋田県由利地域振興局
      ・由利本荘市商工観光部
      ・由利本荘市教育委員会
      ・鳥海山の会
      ・本荘山の会
      ・鳥海山動植物研究グループマンサク会
      ・矢島山岳会
      ・二科会秋田支部
      ・秋田県自然保護協会
      ・秋田県自然観察指導員連絡協議会
      ・矢島見どころ案内人の会
      ・有識者(専門家による保全専門委員会を構成し、その代表を含む。)

    運営

    1.協議会の事務局は由利森林管理署が担当し、基本的に年1回開催する。ただし、湿原の管理方針に関する緊急事案が発生した場合は必要の都度開催するものとする。

    2.保全専門委員会は、(ア)モニタリング調査に関する指導及び結果の分析、(イ)保全管理に関する緊急調査と分析を行い、保全管理協議会へ助言を行うものとする。

    施設等の維持管理

    由利森林管理署と由利本荘市の間で締結された「桑ノ木台湿原木道等施設の維持管理に関する協定書」(H24.7.19締結)に基づき、以下の事項を適切に実施する。

    1.対象施設
       木道、観察デッキ、標識、解説板
    2.施設の修繕等
      (ア)施設の破損及び劣化が軽微なもの以外の改修は由利森林管理署で実施
      (イ)次の事項については由利本荘市で実施
           ア.利用にあたって安全管理上支障となる枯れ枝や、樹木の病気伝染防除のための枯れ枝(枯木)の除去
           イ.施設の劣化が軽微なものの改修
           ウ.施設に倒れた樹木の除去や倒れるおそれがある危険な樹木の伐採
    3.利用者の安全確保
       注意標識の設置、立ち入り規制及び危険木の処理等必要な措置は由利本荘市で実施

    モニタリング調査

    施設整備計画に基づき整備した木道等について、湿原の生態系に与える影響やその整備手法の妥当性を検証するため、平成24年以降、モニタリング調査を実施しています。
     

    外部資金活用による桑ノ木台湿原の保全管理について

    由利森林管理署は保全管理協議会からの提言を受け、外部資金となる日本森林林業振興会の社会貢献事業を活用して、桑ノ木台湿原の適正な保全管理を図っていくこととなりました。このため、桑ノ木台湿原保全管理協議会、一般財団法人日本森林林業振興会秋田支部ならびに由利森林管理署の三者による「桑ノ木台湿原のモニタリング調査に関する協定」を締結(H24.12.18~H30.3.31、H30.10.31~R3.3.31)することにより、日本森林林業振興会が社会貢献事業としてモニタリング調査を行って、湿原の保全管理に協力してきました。

    事業の内容
       ・木道ルート周辺の森林・主要植物の経過や希少植物の変動を調査
       ・昆虫・鳥獣の湿原内の生息調査
       ・観察探勝ルート入口において入り込み者数をカウント

    お問合せ先

    林野庁   東北森林管理局
     由利森林管理署
     〒 015-0885 秋田県由利本荘市水林439
     TEL : 0184-22-1076
     FAX : 0184-22-2274