このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    キッズハローワークに参加しました(令和元年10月20日)


      10月20日(日曜日)、弘前学院聖愛中学高等学校を会場に「キッズハローワーク」が開催されました。
      このイベントは、「おしごと体験広場キッズハローワーク実行委員会」の主催で、弘前市内外の様々な業種の会社や団体などが参加して、小学生を対象として職業体験を行うものです。【 キッズハローワークのチラシは こちら (PDF : 2,118KB)
      津軽森林管理署では、若手職員が中心の「ボランティアチーム やまぼんず 」から誘われて初めて参加しました。
      国有林の現場最前線で働く「森林官」を紹介するもので、業務の一部にゲーム感覚を取り入れながら体験してもらうことにしています。

      参加する子供たちは、「おしごと手帳」を 1,500円で購入し 3つの職業を体験します。
      「おしごと」を体験したら、おしごとカードに感想などを記入し提出、手帳にスタンプを押してもらいます。
      スタンプが3つ貯まったら、イベントで使える仮想通貨(ハロー通貨)に変えて、スポーツやゲームなどを楽しむことができる といった、職業体験と遊びを結びつけたイベントです。
      その手帳には、体験できる職業の紹介と、吹き出しで「おしごと」に関して分かりやすい内容で、とても素晴らしいことが書かれているので紹介したいと思います。

      「おしごとって、何かの役に立つこと、人をよろこばせること、人とつながること、自分の力で生きていくこと、自分をみがいていくこと」
      「ひとつひとつの おしごとに大切な役割があるんだ!」
      「ひとつひとつの おしごとが組み合わされて、私たちの社会はまわっているよ!」

      ちなみに「森林官」の紹介文は【 全国の森林を守り育てるために調査・管理を行うおしごと。木や森に関する知識と一日中森林をパトロールできる責任感と体力が必要だよ 】です。若い人のセンスに脱帽です。
      「森林官」の職業体験について、写真で紹介します。

      津軽森林管理署とボランティアチーム やまぼんず のブースです。


      「森林官」の求人です。


      スタッフミーティングの様子です。
      笑顔で接し、沢山の子供たちに楽しんでもらいましょう。


      受付の様子です。
      おしごとカードに、名前や年齢、自己紹介を書いてもらいます。
      森林官の おしごとをイラストで紹介しています。【 森林官のおしごと紹介(PDF : 3,853KB)
      森林の役割について話しをすると「学校で習った」という子供もいました。


      会場から津軽の名峰「岩木山」が見えるので、管内図で今いる場所(学校)と岩木山の方向を説明し、コンパスをのぞいてもらいました。
      (岩木山が)「おっきく見える」との感想が聞かれました(管内の巡視)。


      次に 森林官 の装備を紹介します。
      マネキンは、森林官「林野 太郎」さんです。
      参加した若手職員が、自宅の畑にあったものを持ってきてくれました。
      留守のあいだ、畑の作物が心配です。


      林野 太郎さんは、山に ナタ を忘れてしまったので、それを探しています。
      あらかじめ、角度と距離を設定していて、子供たちは コンパスグラス という器具を使って角度を、巻尺で距離を測って忘れ物を探します(境界の管理)。
      コンパスグラス の扱いが、以外に難しかったようです。


      同じ方法で目標の木を探して、輪尺で太さを測りました(収穫調査)。


      最後は丸太切りです(山の手入れ)。
      手伝っている彼は、本物の「森林官」です、このイベントの趣旨に賛同して参加してくれました。
      「与作は木を切る~、ヘイヘイホ~、ヘイヘイホ~」
      平成生まれの若手職員は、この歌を知りませんでした。
      ノコギリの使い方のコツをつかんで上手に切る子、苦労しながら少しずつ切る子と様々でしたが、切り終わると「やったぁ~」とハイタッチ、満足げな表情が印象に残りました。


      おしごとカードに感想をかいてもらい、手帳にスタンプを押します。
      丁寧な字で おしごとカードに記入してくれました。その中の1枚を紹介します。


      「森林官」のブースは屋外ですが、お隣は 木登り体験と大工さんの体験、奥には弘前地区消防の はしご車 う~ん 順番待ちの行列が…。
      コンパスの彼方、はしご車の向こうに岩木山の山頂が小さく見えています。
      澄んだ秋の晴天で、暖かい1日でした。


      このキッズハローワークには、約500人の小学生が来てくれたようです。
      体験できる おしごとなどは 28種類です(職種はチラシをご覧下さい)。
      森林官の体験には、18人の子供が来てくれました。全体の人数からすれば、ほんの数パーセントですが、選んでもらえたことが嬉しいです。
      やまぼんず によると昨年よりは多い!とのことでした。
      年齢層は、7歳と8歳がそれぞれ 3人、9歳が 6人、10歳が 4人、11歳と12歳がそれぞれ 1人となりました。
      他の体験の合間に、丸太切りだけでもいい?って来る子もいたので、全部で30人くらいは来てくれたようです。
      このような機会を通して、国有林の おしごと【全国の森林を守り育てるために調査・管理を行うおしごと。木や森に関する知識と一日中森林をパトロールできる責任感と体力が必要だよ 】を、多くの子供たちに知ってもらえれば と思いました。

    あとがき

      前日の雨天から一転、秋晴れの澄んだ晴天のもとでイベントが行われました。
      自分は、小学校低学年の子供に「森林官」の仕事を、優しい言葉で分かりやすく伝えることの難しさを感じましたが、若手職員は、とても楽しそうに子供たちと接していました。
      今回参加した やまぼんず のメンバーは、三八上北、三陸北部、久慈支署、庄内からの併せて 6人、遠いところからお疲れ様でした。津軽署からは森林官を含む 2名、合計 8名が参加しました。
      みんな遠方のことから、事前の打合せも無いままに当日を迎えましたが、若手職員の柔軟な考えには、固くなった頭の自分には感心しきり。
      みんなでブースの周りを歩いてアイデア出し合って、マネキン「森林官」林野 太郎 の忘れ物探しをベースにして職業体験を組み立てていました。
      こんな若い人が活躍する林野の未来は きっと明るいでしょう、頼んだよ!



    お問合せ先

    津軽森林管理署

    ダイヤルイン:0172-27-2800
    FAX番号:0172-27-0733