このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    宮城南部流域国有林の森林計画に関する住民懇談会の概要について

    令和3年4月を始期とする「宮城南部計画区の地域管理経営計画」等の策定にあたり、住民参加の森林づくりを進める一環として、地域の皆様からのご意見・ご要望をお伺いする「住民懇談会」を下記のとおり開催しました。

    今後は、いただいたご意見等を参考に、地域管理経営計画等の策定作業を進めて行くこととします。

    juminkondankai


    (1)開催日時

          令和2年1月23日(木曜日)13時30分~16時00分

    (2)開催場所

          宮城県刈田郡蔵王町   蔵王町ふるさと文化会館

    (3)主催

          仙台森林管理署

    (4)出席者

          森林計画検討委員1名、国有林モニター1名、一般参加者12名、宮城県及び管内市町担当者5名、東北森林管理局及び仙台森林管理署職員27名

    (5)主な意見等

    【次期計画の基本方針に関して】
    ▶海岸防災林について、協定を締結したボランティアが植栽等行っているが、協定終了後の海岸防災林の管理をどうするのか。
    ▶無花粉スギの植栽計画はあるのか。
    ▶針葉樹ばかりでなく、広葉樹の植栽も検討して欲しい。
    ▶林道等の整備をお願いしたい。

    【アオモリトドマツ等の虫害対策について】 
    ▶宮城県の観光資源であるアオモリトドマツの樹氷について、再生するまで50年かかると言われているが、今後どのような管理を考えているのか。
    ▶ヤマビルがあちこちで見られるようになった。国有林でのヒル対策を広めて欲しい。
    ▶ナラ枯れについて、宮城県内広域で確認されているが今後の対策は。

    【その他】

    ▶ボランティアや一般参加の人たちの活動に対し、署職員にも積極的に参加してもらいたい。
    ▶治山ダムができあがっていく過程などドローンで撮影したものをHP上にアップすべき、また防鹿柵のライブカメラの情報があってもいいのではないか。HPの活用を検討して欲しい。
    ▶ドローンを活用した森林管理について、事例があれば教えてもらいたい。

    当日資料

    1.森林計画制度と多様な森林づくりの推進について(東北管理局)(PDF : 2,161KB)
    2.宮城南部流域国有林の森林計画に関する住民懇談会(東北森林管理局仙台森林管理署)(PDF : 5,369KB)









    お問合せ先

    仙台森林管理署

    ダイヤルイン:022-273-1111
    FAX番号:022-273-1115