このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    青森森林管理署のおいたち(沿革)

      管内の国有林は、藩政時代は津軽藩の領有でしたが、明治維新の版籍奉還によって官林(民部省主管)となり、その後、数次にわたる所管の変遷(民部省→大蔵省→内務省)を経て明治14年農商務省に移管され、大正13年に農林省所管(昭和53年に農林水産省に改称)となりました。

      平成11年3月1日、国有林野事業の抜本的改革により、営林局を「森林管理局」に、営林署を「森林管理署」に組織が再編されました。これにより、青森・秋田営林局が「東北森林管理局」に再編されるとともに、東青森林計画区(東青流域)内の青森・蟹田・増川営林署は現在の「青森森林管理署」に再編されています。

    【組織の変遷】

    明治 2年   版籍奉還に伴い津軽藩領を引き継ぐ
    明治19年   大林区署制度の制定により、6小林区署、1派出所を設置
    大正13年   営林局署官制公布により小林区署の名称を青森、内真部、蟹田、増川営林署に改称
    昭和 4年   増川営林署を分割し今別営林署を新設
    昭和29年   内真部営林署を廃止して同署の管轄区域を青森・蟹田両営林署に分割
    昭和63年   今別営林署を増川営林署に統合
    平成11年   青森・蟹田・増川営林署を「青森森林管理署」に再編
    平成25年   青森県における中心的な役割を担う代表森林管理署として指定

    現在に至る


    現在の組織図

    お問合せ先

    青森森林管理署

    ダイヤルイン:017-781-0131
    FAX番号:017-766-3775