このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    列状間伐の現地検討会を開催

    令和2年11月30日
    嶺北森林管理署・高知中部森林管理署

     10月29日、民有林への列状間伐の普及を目的として吾川郡いの町桑瀬の国有林で現地検討会を開催し、嶺北署及び高知中部署管内の市町村、森林組合、請負事業体、高知県、森林管理署等を含め66名が参加しました。

     福吉嶺北署長の挨拶の後、嶺北署内田総括森林整備官から事業概要及び列状間伐を導入するに当たってのメリットや列状間伐の種類、高知中部署東野総括森林整備官から頑丈で簡易な森林作業道作設の要点などの説明を行いました。
     その後、事業実施者である株式会社高知官材から、列状間伐の作業手順の説明や伐倒・集材の実演が行われました。

     参加者からは、

    1. 列状間伐の種類の使い分けについて、
    2. 2回目以降の間伐等の手入れの仕方(管理)について、
    3. 風倒木などの気象害について
      など多くの質問や意見が出されました。

     今回は市町村からの参加が増え関心が高まっており、今後もこのような現地検討会の開催を希望する意見も寄せられたことから、民有林での普及に向けて課題も多くありますが、今後の検討会の方向性や必要性が再確認できた有意義な検討会となりました。

    所長挨拶
    福吉嶺北森林管理署長のあいさつ
    実演
    伐倒・集材の実演
    意見交換
    意見交換
    ドローン画像
    ドローンで撮影した列状間伐箇所

    お問合せ先

    嶺北森林管理署
    ダイヤルイン:0887-76-2110

    高知中部森林管理署
    ダイヤルイン:0887-58-3131