このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林土木(治山・林道)工事における総合評価落札方式(簡易型)の評価基準の一部改正について

       四国森林管理局管内における森林土木工事については、施工計画等の技術提案を受け、施工技術などの価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する総合評価落札方式(簡易型)により一般競争入札に付しているところですが、下記のとおり評価基準を一部見直しましたのでお知らせします。

     1 企業の工事成績評定点
        企業の工事成績評定点に係る評価基準を細分化

     2 調査基準価格を下回る価格による受注の有無等
        調査基準価格を下回る価格(低入札価格)による受注の有無等の評価を一部見直し

     3 災害協定等の締結及び協定等に基づく活動の有無
        緊急応急工事の公募による名簿登録者を、災害協定の締結と同等に評価

        以上により、別添「森林土木工事に係る総合評価落札方式の評価項目・評価基準及び評価配点表」のとおり一部改正することとし、令和2年4月1日以降に入札公告する森林土木工事より適用することとしました。

    令和2年3月16日
    四国森林管理局

    お問合せ先

    治山課088-821-2150
    森林整備課088-821-2200
    経理課専門官(契約適正化担当)088-821-2011

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader