このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    技術普及に向けた現地検討会(2018年)

    林業の低コスト化に向けて~民有林関係者を対象とした現地検討会の開催 


    近畿中国森林管理局では、国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所関西支所と技術開発・普及等に関する連携協力協定を締結しており、その取組の一環として、平成25年度より、民有林関係者を対象とした林業の低コスト化技術に関する現地検討会を開催しています。今年度は、101112日に、コンテナ苗や一貫作業システムによる造林・育林コストの削減をテーマとして岡山県新見市内で開催し、府県、市町村、林業公社、森林整備センター、林業事業体、種苗生産組合、森林・林業研究機関及び国有林など、2日間で延べ195人に参加いただきました。

     

    第1部(10月11日)

    近畿中国森林管理局長と森林総合研究所関西支所長の挨拶により現地検討会が始まりました。
    一日目は、各機関の取組について発表しました。 

    (局長・支所長の挨拶の様子) 

     

     1つ目の発表は、近畿中国森林管理局 中村技術普及課長による「近畿中国森林管理局における造林の低コスト化の取組」です。コンテナ苗や一貫作業システムのメリット・デメリットや作業工程などの基礎知識を含めて説明しました。 

    (中村課長の説明の様子) 

     

    2つ目の発表は、森林総合研究所 飛田樹木生理研究室長による「低コスト再造林を目指した技術開発」です。森林総合研究所において実施中の低コスト再造林に関するプロジェクトについて説明しました。

     (質問を受ける飛田室長) 

     

    3つ目の発表は、森林総合研究所関西支所 奥田森林生態研究グループ長による「技術開発『伐採・植付一貫作業下でのコンテナ苗等の活着・生育実証』の成果」です。近畿中国森林管理局と森林総合研究所関西支所の共同試験の成果を説明しました。

    (質問を受ける奥田グループ長) 

     

     第1部最後のプログラムは、「充実種子選別装置」の実演です。一般に、針葉樹の種子は発芽率が低いため、コンテナ苗の生産効率を高めることを目的として、上記の森林総合研究所プロジェクトで開発中である充実種子選別装置の実演を行いました。

    (実演(種子選別装置))

      

    ◆第2部(10月12日)

    2日目の会場は、岡山森林管理署管内の入開山国有林です。平成26年度に一貫作業システムでコンテナ苗を植栽した現地を会場に実施しました。

    近畿中国森林管理局森林技術・支援センターの阿部森林技術普及専門官が、コンテナ苗植栽地の概要等を説明し、当林分の成長量等の調査を行っている森林総合研究所関西支所 奥田森林生態研究グループ長からの生育状況の説明の後、実際に植栽現場を視察していただきました。

    (阿部専門官説明の様子) (奥田グループ長説明の様子)
       

    植栽してから今年で4成長期目ですが、すでに周囲の雑草の背丈を抜いており、良い状況です。

    (下刈未実施、実施個所を見学し、下刈の省力の可能性について視察)
       

     
    続いて、コンテナ苗の植栽を体験していただいきました。初めて植栽する人でも簡単に植栽ができました。

    (植栽体験の様子)
       

     最後に、近畿中国森林管理局善行森林整備部長が挨拶を行い、閉会しました。

      (森林整備部長の挨拶)

     

     参加者からは、コンテナ苗や一貫作業システムを推進していきたいが、コンテナ苗の価格低下や安定供給体制の確立が必要である、伐採と造林の業者が異なる場合に連携が難しい、実際の作業工程についてもっと知りたいといった声が聞かれました。このような課題・ニーズを踏まえつつ、今後とも、現地検討会の開催等を通じて、林業の低コスト化に資する情報発信に取り組んでまいります。

    【 現地検討会資料 】

    (資料1)近畿中国森林管理局における造林の低コスト化の取組(PDF : 3,741KB)

    (資料2)低コスト再造林を目指した技術開発(PDF : 6,841KB)

    (資料3)技術開発「伐採・植付一貫作業下でのコンテナ苗等の活着・生育実証」の成果(PDF : 2,616KB)

    (資料4)充実種子選別装置(PDF : 806KB)

    (資料5)平成26年度コンテナ苗植栽地概要等説明(PDF : 274KB)

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課

    ダイヤルイン:050-3160-6700
    FAX番号:06-6881-3564