このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    林業の成長産業化への貢献に向けた現地検討会を開催しました

       11月6日(水曜日)、奈良県吉野郡野迫川村の桧股国有林において、奈良森林管理事務所、三重森林管理署、和歌山森林管理署の主催による現地検討会を開催しました。
       この検討会は、林業の成長産業化に貢献するため、複数年契約による伐採と造林の一貫作業システムによる森林整備事業実施箇所(事業期間:平成29年度~令和元年度)において、コンテナ苗や効率的なシカ被害対策などの民有林への普及・定着に向けて、林業関係者と意見交換を行う目的で開催したものです。
       当日は晴天に恵まれ、奈良、三重、和歌山県内等の行政関係者や林業事業体から51名、近畿中国森林管理局、三重森林管理署、和歌山森林管理署、奈良森林管理事務所から37名の総勢88名が参加しました。

       坪木奈良森林管理事務所長の開会挨拶の後、春名首席森林官から現地の概要説明を行いました。その後、当該試験地で行っている1年生と2年生コンテナ苗の植栽試験地の概要や植え付けから4ヶ月経過後の生育状況や活着率等について、竹内総括森林整備官から説明を行いました。当該試験地では、2年生コンテナ苗より育苗コストが低く、林地での植付後に形状比の改善の可能性のある1年生コンテナ苗を試験的に植栽し、2年生コンテナ苗との成長量の比較、形状比と成長量の関係性等の調査内容を説明しました。また、当該地はノウサギの被害を受ける恐れがあることから、単木保護管を設置しており、単木保護管の有無による成長比較調査も併せて実施しています。

     
    【坪木所長の挨拶】   
    【検討会の様子】


       その後、本谷森林整備官から、当該地で試験的に設置している3種類の防護柵(垂直張り、立木を利用した垂直張り、斜め張り)にかかる事業費や設置功程の比較、防護柵の点検(見回り)を人力で行った場合とドローンで行った場合の功程の比較等について説明しました。ドローンによる見回りは人力の10倍以上の功程となりましたが、現場での確認画面(タブレット等)のサイズによって視認性に大きな差が出ることや、立木を利用した垂直張りの箇所でのドローン操作には、ある程度の操作技術が必要となることなどを報告しました。資料による説明の後は、参加者は試験地内に移動し、コンテナ苗の生育状況や各種防護柵の設置状況などを見学しました。

    【コンテナ苗の説明】   
    【コンテナ苗植栽試験地の見学】


       試験地等の見学の後は、桧股国有林において平成29年度から実施している有害鳥獣被害対策事業(シカ捕獲事業)について今井調整官から説明しました。当該国有林の森林整備事業では、2.49haの植栽計画があったことから、植栽木の保護を目的に、「防護柵による防除」と「有害鳥獣捕獲」の2本柱でシカ被害対策を行っています。従来の捕獲法によるくくり罠を設置した平成29年度と比べて、小林式誘引捕獲法によるくくり罠を設置した平成30年度、今年度のシカの捕獲効率は2倍程度向上していることや小林式誘引捕獲法のメリット等について説明しました。
       その後、この捕獲法を考案した小林治山技術官から、小林式誘引捕獲法について、実演を交えながら説明しました。参加者からは、「シカ以外の動物が掛かることはないのか」などの質問があり、誘引用の餌をヘイキューブとした場合にはシカ以外の動物が掛かることはまずないが、餌を米ぬかとした場合にはイノシシが掛かることもある旨、回答しました。

    【防護柵の見学】
    【小林式誘引捕獲法の説明】


       続いて、(株)竹谷商事からドローン(PHANTOM4)による防護柵の見回りの実演を行い、車両に搭載した大型モニターで防護柵の視認状況などを参加者に紹介しました。続いて、10kgの液体を搭載できる薬剤散布用のドローン(AGRAS MG-1)で、実際に林地に水を散布する実演を行いました。このドローンは、主に農業分野で液体の農薬、肥料、除草剤の散布などを行うために開発されたものですが、今後は林業分野での活用も期待できるものとなっています。
       質疑応答では、「斜め張りであれば通常の安価な網で問題ないと思うが、ステンレス入りの網を使用しているのはなぜか。」などの質問があり、当所としても実施内容を省みる良い機会となりました。最後に、小林総務企画部長から閉会の挨拶を行い、現地検討会を終了しました。
       当所では引き続き、林業の成長産業化に貢献するため、新たな技術の実証試験や低コスト施業の民有林への普及・定着に取り組んでいくこととしています。

    【ドローンを活用した防護柵の見回り】   
    【薬剤散布用のドローン】   

      検討会説明資料(PDF : 15,859KB)

    お問合せ先

    奈良森林管理事務所

    〒630-8035
    奈良市赤膚町1143-20
    TEL:0742-53-1500
    FAX:0742-53-1502

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader