このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    「低コスト林業にかかる現地検討会」を開催しました。

    平成30年12月12日(水曜日)、福井森林管理署管内の黒河山国有林及び敦賀市内の会議室において、石川森林管理署、福井森林管理署、滋賀森林管理署、京都大阪森林管理事務所合同による「林業の低コスト化(早生樹の導入、地上レーザー計測の活用)」をテーマとした現地検討会を開催しました。

    当日は、石川県、福井県、滋賀県の林務担当者、研究機関、森林組合のほか、共同試験を行っている京都府立大学の糟谷助教と学生にも参加いただくなど、総勢42名の参加がありました。

    午前中は黒河山国有林にある早生樹(センダン)の試験地2箇所において、積雪量や切戻しの効果、頂芽の残し方等について確認した後、林業分野におけるICTの活用に向けた取組の一環として期待されている、地上レーザーシステムのデモンストレーションを実施しました。

    午後からは、室内会議室に場所を移し、早生樹試験の状況の考察や地上レーザーの活用例等の紹介を行いました。

    参加者からは、多雪地における早生樹導入の可否、地上レーザーシステムと従来の立木調査との誤差などについて質問があり、活発な意見交換が図られました。

    今後も引き続き、民有林と国有林が連携した技術や情報の提供を行うなど、林業の低コスト化向けた取組を展開していきたいと考えています。

    現地での(センダン試験地)での状況
    午前現地(早生樹) 黒河山1号地
    午前現地(早生樹) 黒河山2号地
    午前現地(早生樹)黒河山1号地
    午前現地(早生樹)黒河山2号地

    室内での検討会

    福井県総合グリーンセンター木下主任研究員からの報告 質疑応答の様子 質疑応答の様子
    福井県総合グリーンセンター木下主任研究員からの報告 質疑応答の様子

    お問合せ先

    福井森林管理署

    ダイヤルイン:050-3160-6105
    FAX番号:0776-27-3574