このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    ヘリコプターによる西根川上流部の状況調査について

    • 印刷
    令和2年10月30日
    関東森林管理局
       令和元年東日本台風による豪雨の影響を受け、福島県南会津郡南会津町宮里字帝釈山国有林内の西根川源流部にある山腹崩壊地(田代山の下部)において、拡大崩壊により多量の土砂が流出し下流域で被害が発生したため令和元年10月28日、ヘリコプター調査により状況を確認しました。
       また、令和2年6月に調査を行ったところ、山腹崩壊地が昨年度と比較して拡大傾向にあるとの結果が示されたことから、下記のとおりヘリコプター調査により崩壊地の状況確認等を実施することとしておりますのでお知らせします。

    1.日時

    令和2年11月4日(水曜日)午前11時~午後1時00分

    2.発着場所

    只見ダムヘリポート(南会津郡只見町大字石伏)

    3.調査箇所

    福島県南会津郡南会津町宮里字帝釈山国有林(西根川上流部)

    4.調査メンバー

    (1)環境省桧枝岐自然保護管理事務所職員
    (2)福島県及び南会津町担当者
    (3)関東森林管理局及び会津森林管理署南会津支署担当者

    5.その他

    (1)天候等により調査を延期する場合があります。
    (2)調査結果等は、後日お知らせします。


    お問合せ先

    関東森林管理局治山課

    担当者:課長補佐 井上
    代表:027-210-1190(内線ー)
    ダイヤルイン:027-210-1190
    FAX番号:027-210-1192

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader