このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    令和2年度関東森林管理局保護林管理委員会(モニタリング評価専門委員会)の開催について

    • 印刷
    令和3年2月22日
    林野庁関東森林管理局
    林野庁では、原生的な天然林や野生生物の生息域として重要な森林等を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資することを目的として、国有林野内に保護林を設定しています。また、設定した保護林については、計画的にモニタリング調査を実施し、モニタリング結果を基に保護林の現状を評価し、今後の保護林の保護・管理方針や区域の見直し等を図ることとしています。
    今般、関東森林管理局が今年度実施した保護林モニタリング箇所について、その調査結果を基に保護林の現状評価及び今後の課題について検討を行うため、学識経験者等で構成される「関東森林管理局保護管理委員会(モニタリング評価専門委員会)」を下記のとおり開催いたします。
    なお、開催後は、当局ホームページにて概要を公表いたします。

    1.日時

            令和3年3月2日(火曜日)13時30分~15時30分

    2.場所

            関東森林管理局5階中会議室
             (群馬県前橋市岩神町4-16-25)

    3.議題

        (1)令和2年度保護林モニタリング調査結果及び現状評価について
        (2)生物群集保護林の地帯区分について
        (3)令和2年度緑の回廊モニタリング調査結果及び現状評価について
        (4)令和3年度保護林等モニタリング調査について
        (5)その他

    4.傍聴等


        (1)新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み非公開とします。

       (参考)関東森林管理局の保護林・緑の回廊ほかについての紹介「自然環境を守るために」  

    お問合せ先

    林野庁関東森林管理局 計画保全部 計画課

    担当者:計画課長 金子 直樹 森林施業調整官 中村 潤
    ダイヤルイン:027-210-1265
    FAX番号:027-210-1174