このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    シカ対策現地検討会の実施について

    • 印刷
    令和元年11月22日
    関東森林管理局
    森林総合研究所

      近年、生息域が拡大しているニホンジカの食害等から森林を守るため、生息頭数が多い地域や森林被害が顕著な地域におい
    ては、シカの捕獲を進めています。
      一方、福島・茨城・栃木県にまたがる八溝山系などシカの生息密度が低い地域においては、まずシカによる痕跡や被害状況
    の把握を行うとともに、生息状況や行動などあらゆる情報を収集し、そのうえで効率的・効果的な捕獲を目指す必要がありま
    す。
      この度、関東森林管理局と国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所が締結した「ニホンジカ被害対策に係る協
    定」(平成30年度~)
    に基づく取組みとして、関東森林管理局・日光森林管理署、森林総合研究所の共催によりシカ被害や生
    息状況を把握するための調査手法に関わる現地検討会を開催いたします。

    1.日  時

        令和元年11月28日(木曜日)10:15~15:15

    2.場  所

    日光森林管理署管内  栃木県日光市藤原字タテ原国有林4ろ1林小班外
    (集合場所:日光市鬼怒川レジャー公園    住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原35)

    3.内  容

    ・シカ被害の見分け方、シカ被害の調査手法
    ・生息調査のための自動撮影カメラの設置手法
    ・シカ情報マップの活用手法 

    4.参加者

    森林総合研究所、関東森林管理局、各森林管理署等
    周辺地方公共団体


      シカ対策現地検討会の実施について(PDF : 303KB)

    ※取材の際は、事前に下記の連絡先までお問い合わせください。

    お問合せ先

    371-8508  群馬県前橋市岩神町4-16-25
                林野庁関東森林管理局 保全課  松坂・糸永
                TEL027-210-1179  FAX027-210-1182

    305-8687  茨城県つくば市松の里1
                国立研究開発法人 森林研究・整備機構
                森林総合研究所 広報普及科  片岡・吉澤
                TEL029-829-8372  FAX029-873-0844

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader