このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    令和2年度関東森林管理局国有林材供給調整検討委員会(臨時)の開催結果について

    • 印刷
    令和2年4月30日
    関東森林管理局森林整備部資源活用課
    令和2年度関東森林管理局国有林材供給調整検討委員会(臨時)の開催結果について

    令和2年度関東森林管理局国有林材供給調整検討委員会(臨時)の開催結果について

       関東森林管理局では、令和2年4月23日(木曜日)に新型コロナウイルス感染症拡大の影響による経済情勢の変化から多様な業種に影響が出ており、関東森林管理局管内の森林・林業・木材産業においても、その影響が懸念されることから、各委員への資料送付及び意見照会により「臨時の関東森林管理局国有林材供給調整検討委員会」を開催し、木材の需給動向、国有林材の供給調整の必要性について検討しました。

       委員会では、「新型コロナウイルスの影響により、製材品や合板類の荷動きが鈍化傾向にあり、既に管内の大型製材工場が減産を実施、原木の搬入制限等の動きが出始めており、こうした動きを受け国有林の立木販売契約者も搬出延期を希望する事例も発生している(また、原木価格も下落傾向にある)。
       このような中、国有林の立木販売契約で定められた搬出期間に拘束され、売り先のないまま伐採、搬出した場合は、供給過剰となり、今後の木材価格に影響が出ることが想定されること、さらに、一連の影響は当面続く見通しであることから、現時点において、立木販売の搬出延期により国有林材の供給調整が必要である。」との検討結果となりました。


    開催結果はこちら(PDF : 236KB) NEWアイコン

    お問合せ先

    森林整備部 資源活用課

    ダイヤルイン:027-210-1188
    FAX番号:027-210-1189