このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    「令和2年度 天皇陛下御即位記念分収造林」の公示

                                                                                                                                                                     令和2年9月18日
                                                                                                                                                                     関東森林管理局長 上大田光成

             記念分収造林公募対象地を下記のとおり公示する。

    1.趣旨

        天皇陛下の御即位記念に伴う慶祝行事等の一環として、全国の国有林野において、記念分収造林を実施することとし、国民参加による森林づくりの促
        進を図るとともに、国有林野が所在する地域の振興に寄与するものです。

    2.分収造林制度

         国有林の分収造林は、造林者(国以外の者)が契約により国有林野に木を植え、一定期間育てた樹木を販売し、その利益(販売代金)を国と造林者で
        分収する制度です。

    3.記念分収造林の名称

        「天皇陛下御即位記念分収造林」となります。

    4.募集期間及び応募先

         (1)募集期間:令和2年9月18日~令和2年10月30日
     
         (2)応募先:記念分収造林公募対象地を管轄する森林管理署等
                 ※分収造林応募申込書の提出は、募集期間の最終日の17時までに必着とします。

    5.契約期間

         分収造林契約締結の日から80年以内となります。

    6.収益分収の割合

         収益分収の割合は、国100分の20、造林者100分の80とします。

    7.優先順位

         分収造林契約の申請又は応募が競合した場合における契約の優先順位は、次の各号の順位によるものとします。
         なお、順位が同位の場合は抽選により決定します。


      (1)国有林野の活用に関する法律(昭和46年法律第108号)第3条第1項第2号、第3号及び第7号に掲げる国有林野の活用の場合であって、当該各号
    に掲げる者

      (2)当該林野に密接な関係のある住民の組織する団体(前(1)に掲げる者を除く。)

      (3)当該林野の所在する地域を地区に含む森林組合及び生産森林組合(前(2)に掲げる者を除く。)

      (4)当該林野の所在する市町村(前(1)に掲げる者を除く。)

      (5)都道府県及び市町村(前(1)、(4)に掲げる者を除く。)

      (6)学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する小学校、中学校、高等学校及び大学、同法第124条に規定する専修学校並びに同法第134条
              第1項に規定する各種学校

      (7)一般社団法人又は一般財団法人(造林を行うことを主たる目的としている法人であって、地方公共団体がその社員であるか、又はその基本財産
    の全部若しくは一部を拠出しているもの。)

      (8)国有林の貸付け等の取扱いについて(昭和54年3月15日付け54林野管第96号林野庁長官通達)第7の2の(1)に掲げる分収造林契約の相手方(前
     (7)に掲げる者を除く。)

      (9)林業又は木材、パルプ、木製品若しくは漆器製造業を営む者が組織する団体

       (10)林業知識の普及、緑化意識の高揚又は林業の実習に係る分収造林契約の相手方

    8.分収造林契約相手の要件

    (1) 7の「優先順位」に定める者であって、造林、保育及び国有林野の管理経営に関する法律(昭和26年法律第246 号)第13条に定める保護義務の履
    行が確実であると認められる者(自ら造林、保育及び保護義務の履行を行うことが不可能であって、当該者の負担において地元森林組合、林業事業
    体等に依頼することにより造林、保育及び保護義務の履行が確実である場合を含む。)とする。

    (2) 個人については、(1)の要件を満たしている場合に契約相手方となることができるが、極力グループを作ることが可能な者とする。

    (3) 公募No.1、4、6及び7については、獣害被害(ニホンジカ等)の恐れがあることから忌避材施工などの防除対策を実施することができることを
    条件とする。

    9.標識の設置

          記念分収造林を実施する者は、「天皇陛下御即位記念分収造林」と記載した標識を当該分収造林地に設置していただきます。
          記念分収造林の名称に加え、〇〇の森、〇〇記念林などの記念行事に関連した副題を記載することも可能です。 

    10.公募対象地

       (1)令和2年度公募物件一覧
     
    公募
    No.

    所在地
    面積
    植栽予定
    樹種

    法指定等 管轄森林管理署等 備考 添付資料
    1 福島県白河市表郷番沢
    字木戸ヶ入国有林1008に1林小班
    4.3685㏊ スギ
    ヒノキ
    福島森林管理署
    白河支署
     獣害被害(ニホンジカ)のおそれがあることから忌避剤施工などの防除対策を実施することができることを要件とする。 詳細(PDF : 4,032KB)
    2 福島県耶麻郡北塩原村大字大塩
    字桜峠国有林383ろ5、と林小班
    4.1043㏊ 
    スギ

     無  会津森林管理署
     ー 詳細(PDF : 5,053KB)
    3 茨城県日立市入四間町
    大室国有林94へ(1)林小班
    2.7200㏊ スギ 茨城森林管理署
     


     
    詳細(PDF : 3,242KB)
    4 栃木県塩谷郡塩谷町大字船生
    字船生沢国有林317い林小班
    2.2600㏊ スギ 
    ヒノキ
    有  塩那森林管理署 鳥獣保護区
    獣害被害(ニホンジカ)の恐れがあることから忌避剤施工などの防除対策を実施することができることを要件とする。
    詳細(PDF : 5,200KB)
    5 新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国
    字東谷山国有林94に林小班
    2.2100㏊   スギ   中越森林管理署 国立公園普通地域
    詳細(PDF : 11,847KB)
    6 新潟県村上市梨木字元山国有林
    1302ほ3林小班
    6.0000ha スギ 下越森林管理署
    村上支署
    獣害被害(クマ樹皮剥離)の恐れがあることから将来的に必要に応じて防除対策を実施することができることを条件とする。 詳細(PDF : 4,397KB)
    7 千葉県夷隅郡大多喜町大字面白
    上の代国有林26と4林小班
    3.4623ha スギ
    ヒノキ
    千葉森林管理事務所 水源涵養保安林
    鳥獣害防止森林区域
    獣害被害(ニホンジカ)の恐れがあることから忌避剤施工などの防除対策を実施することができることを要件とする。
    詳細(PDF : 5,123KB)

          
       (2)応募申込書
             
              応募申込書(WORD : 21KB)

    お問合せ先

    森林整備課

    担当者:企画官
    ダイヤルイン:027-210-1183
    FAX番号:027-210-1185

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader