ホーム > 報道・広報 > イベント情報 > 2012国有林野事業見学会


ここから本文です。

2012 国有林野事業見学会 「歴史ある那須街道のアカマツ林と純白のゴヨウツツジの群落を見に行こう!」 

 関東森林管理局では、国有林野事業を広く一般の方に理解していただくことを目的として、毎年事業見学会を開催しています。

 今年度は、「那須街道アカマツ遺伝資源保存林」で行われている保全対策事業を見学し、地元ボランティアの方と協力しての保全活動の概要や後継樹のアカマツ植樹体験、また長年行われているオオタカのモニタリングの様子などを見学いたしました。

那須街道アカマツ林

 

 那須街道アカマツ林は、旧宮内省所管の御料林でしたが、昭和22年に林野庁所管の国有林となりました。昭和25年に日光国立公園に編入され、また、平成元年に林野庁では関東・東海地方のアカマツの遺伝資源の保存を目的としてアカマツ林木遺伝資源保存林にも設定しました。

 昭和天皇は、「那須の植物誌」の中で「みごとなアカマツの天然林であり、国有林であったために今日までよく保存されてきた」とお記しになられています。

 現在この貴重なアカマツ林を後世に残そうと、国有林と地元のボランティア団体が協力して、植樹等の保全活動を行っています。

アカマツ遺伝資源保存林見学 

集合写真                     

 今年度の事業見学会は、6月1日(金曜日)に開催しました。

 「那須街道アカマツ遺伝資源保存林」で行われている保全対策事業を見学し、地元ボランティアの方と協力し保全活動の概要や後継樹のアカマツ植樹体験、また長年行われているオオタカのモニタリンングの様子などを見学いたしました。

 戦後の開拓の危機の中、那須街道の景観を守ろうとした人達によって受け継がれてきた森林を次世代へ引き継ぐための活動と、市街地に隣接する里山としての貴重な生態系を見学していただき、都市の中の森林について考える1日になりました。

 また、国有林を利用した「森林レクリエーション」事業として、Mt.ジーンズ那須スキー場が期間限定で運行しているゴンドラを利用して、敬宮愛子内親王のお印しの花としても名高いゴヨウツツジの群落散策も楽しみました。 

事業概要の説明事業概要の説明

オオタカ等の説明オオタカ等の説明 

流域管理調整官による植樹指導植栽指導

植栽体験植栽体験 

ゴヨウツツジゴヨウツツジ

 

 

 ★アンケートの結果はこちら(PDF:374KB)

 ☆参加者の感想(一部紹介)

  • 見事なゴヨウツツジの群落に出会えたのも感動でした。植林体験まで出来て本当に素晴らしい1日でした。(40代女性)
  • 木の管理は地道かつ人手の掛かる事業であると再認識しました。(40代女性)
  • 一度伐ったり枯れた木は、何十年間も経たなければ戻りません。コスト面等で難しいことも多いと思いますが、日本の森林を守って下さい。(50代男性)
  • あいにくの雨が上がり、ゴンドラでの散策は素晴らしかったです。(50代男性)
  • 常日頃は旅好きで、主に車で楽しんでいます。その旅先で感じることは各地で竹林が増えていることです。竹林が自然の森林を弱らせると聞き、心配です。木材が売れない、林業従事者が育たない、など問題は山積りですが、樹木の中にいると芳い香りで心地よいです。その森林がいつまでも守られる事を希望します。頑張って下さい。(50代男性)

 

お問い合わせ先

計画保全部指導普及課
担当者:緑の普及係
代表:027-210-1158(内線352)
ダイヤルイン:027-210-1175
FAX:027-210-1177

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集