このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    赤谷の森・基本構想2015

    「赤谷の森・基本構想」は、三国山地/赤谷川・生物多様性復元計画(赤谷プロジェクト)の基本的考え方をとりまとめたものです。

    赤谷プロジェクトは、「生物多様性の復元」と「持続的な地域づくり」を実現するために、「赤谷の森」を将来にわたってどのような森林にしていくのかを検討し、人と自然との新たな望ましい関係づくりと共生の姿を構築するための取組です。

    2010年度に多くの地域関係者と意見交換をしながら策定された「赤谷の森・基本構想」は、「赤谷の森」を含む利根上流森林計画区の国有林の取り扱いを定める新たな地域管理経営計画・施業実施計画に反映されました。赤谷プロジェクトでは、2010年度以降に得られた新たな知見を踏まえ、地域関係者と意見交換をしながら、2014年度に「赤谷の森・基本構想2015」として改定しました。

    この基本構想を踏まえて、関東森林管理局では2015年度中に次期の地域管理経営計画・施業実施計画を策定します。

    「赤谷の森・基本構想2015」の概要 

    「赤谷の森・基本構想2015」をわかりやすくまとめた概要版はこちらからご覧ください。NEW

    概要版表紙「赤谷の森・基本構想2015」概要版(PDF:8,380KB)

    赤谷の森・基本構想2015

    「赤谷の森・基本構想2015」の全文はこちらからご覧ください。

    全文を一括でダウンロードする場合は一番下の「赤谷の森・基本構想2015」全文のダウンロード はこちらからよりお願いします。

     目次(PDF:833KB)

    はじめに(PDF:1,381KB)

    1章ビジョン(PDF:1,606KB)

    2章 赤谷の森の現状(PDF:2,733KB)

    2-1.赤谷の森の歴史

    2-2.野生動植物の状況

    2-3.特徴的な自然環境

    2-4.人工物等

    2-5.地域と森林とのかかわり

    3章取り組むべき課題(PDF:1,335KB)

    3-1.課題を抽出する際の前提となる目標

    3-2.課題

    4章赤谷の森の管理の方針(PDF:1,317KB)

    4-1.赤谷の森の管理の方針

    4-2.人工林管理

    4-3.自然林の管理

    4-4.特別の取扱いが必要な対象とその取扱いの考え方

    4-5.多様な主体で森を管理するための取組

    4-6.モニタリング

     

     

    「赤谷の森・基本構想2015」全文のダウンロード はこちらから

     赤谷の森・基本構想2015(PDF:2,904KB)

    お問合せ先

    赤谷森林ふれあい推進センター
    ダイヤルイン:0278-60-1272
    FAX:0278-24-5562

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader