このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

野生きのこの採取にあたっての留意点

野生きのこを採りに行かれる皆様の健康のために、注意していただきたいことをまとめましたので、是非ご一読ください。

はじめに 

農林水産省は、安全な食品を供給するため、農林水産物の放射性物質検査において各都道府県と連携・協力しています。

野生きのこについても、発生したところから順次きめ細かく検査が行われています。こうした検査の結果は、国や県においてホームページ等で随時お知らせしていますので、ぜひ参考にしてください。 

 

自治体における取組

検査を実施している都県

野生きのこについて、これまでの検査結果を参考として、「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」に基づいて、17都県において検査計画を作成して検査しています。

*17都県 : 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県

検査結果の公表

各都県では、県内に自生する野生きのこについて、これまでの検査結果を参考として、発生状況を確認しながら、すみやかに採取検査を行うこととしており、その検査の結果は、上記の都県と国のホームページで随時お知らせしています。

出荷制限及び出荷自粛

検査の結果食品の基準値(100 Bq/kg)を超過した場合には、当該都県が直ちに該当する市町村に対し出荷自粛の要請を行います。その後、周辺地域でも検査を行い、地域的な広がりが確認された場合には、国(原子力災害対策本部)が出荷制限の指示を行います。

また、出荷が制限されていない市町村においても、野生きのこの発生状況を確認しながらすみやかに採取検査を行い、その結果を公表しています。


(参考)関連通知
  ・野生のきのこ類等の出荷制限解除に向けた検査等の具体的運用について(平成27年11月20日)(PDF : 107KB)

 各県の出荷制限及び出荷自粛の状況についてはこちらからご覧になれます。

 

 野生きのこを採取される際に注意していただきたいこと

国や県のホームページ等により、野生きのこの検査結果や森林に関する情報などにご留意いただくとともに、野生きのこを採りにお出かけになる前に次のことにご注意くださいますようお願いいたします。

  • 野生きのこを採っても良い場所かどうかご確認をお願いいたします。
  • 一部の森林では空間放射線量が高いため、不必要な森林への立ち入り自体を控えていただくよう呼びかけが行われている地域がありますので、そういった場所では野生きのこを採取しないようにお願いいたします。 

野生きのこについて

日本の野生きのこは、4,000~5,000種類あると言われています。

野生きのこは、養分の吸収方法の違いにより、(1)腐生性きのこ(枯木や落ち葉などを分解して養分を吸収するきのこ)、(2)菌根性きのこ(樹木の根などに菌根をつくり、樹木と共生して養分を吸収し、その代替えとして樹木の養分吸収を助けるきのこ)などがあります。

例えば、次のようなきのこがあります。

  腐生性きのこ

   まいたけ、うすひらたけ、なめこ、ぶなはりたけなど

maitakeusuhiratake

bunaharitakenameko 

 菌根性きのこ

まつたけ、ほんしめじ、ちちたけ、こうたけなど

matutakehonsimeji

koutaketititake

(写真提供:(社)農林水産技術情報協会)  

その他 

なお、野生きのこに関してご不明な点やご心配なことがあれば、林野庁または最寄りの自治体等にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

農林水産省ホームページ(農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果)

    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

福島県ホームページ(モニタリング情報検索サイト)

    http://www.new-fukushima.jp/

     

お問合せ先

林政部経営課特用林産対策室

担当者:特用林産加工流通班
代表:03-3502-8111(内線6087)
ダイヤルイン:03-6744-2289
FAX番号:03-3502-8085

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader