このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

木材需要の創出・輸出力強化対策のうち
  「地域内エコシステム」構築事業

公   示 

  
  令和2年度において実施予定の木材需要の創出・輸出力強化対策のうち「地域内エコシステム」構築事業の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。

1.事業の趣旨 

 平成24年7月の再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度の運用開始以降、大規模な木質バイオマス発電施設の増加に伴い、燃料材の利用が拡大している一方で、燃料の輸入が増加するとともに、間伐材・林地残材を利用する場合でも、流通・製造コストが嵩むなどの課題が見られるようになったところです。
 このため、森林資源をエネルギーとして地域内で持続的に活用するための担い手確保から発電・熱利用に至るまでの「地域内エコシステム」(地域の関係者の連携の下、熱利用又は熱電併給により、森林資源を地域内で持続的に活用する仕組み)の構築に向けた取組を進める必要があります。   

2.事業の概要

「地域内エコシステム」の構築に向け、地域の関係者による合意形成のための協議会の運営、小規模な技術開発等の取組を支援します。
    また、「地域内エコシステム」の構築に必要となる技術的なサポートを行うため、電話相談や技術者の現地派遣、各種調査等の取組を支援します。

 詳細は令和2年度木材需要の創出・輸出力強化対策のうち「地域内エコシステム」構築事業に係る公募要領(以下「公募要領」といいます。)をご参照ください。
 

【参考】
公募要領:(PDF : 494KB)

(1)「地域エコシステム」モデル構築事業
 別紙様式1号:ワード(WORD : 16KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 47KB)

(2)「地域エコシステム」技術開発・実証事業
 別紙様式1号:ワード(WORD : 16KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 47KB)

(3)「地域エコシステム」技術開発等支援事業
 別紙様式1号:ワード(WORD : 16KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 46KB)

(4)「地域エコシステム」サポート事業のうち相談・サポート体制の構築
 別紙様式1号:ワード(WORD : 17KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 46KB)

(5)「地域エコシステム」サポート事業のうち燃料材サプライチェーン実態調査支援
 別紙様式1号:ワード(WORD : 17KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 46KB)

(6)「地域エコシステム」サポート事業のうち木質バイオマス熱利用・熱電併給効率化実態調査支援
 別紙様式1号:ワード(WORD : 17KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 46KB)

(7)「地域エコシステム」サポート事業のうち放置薪炭林活用実態調査支援
 別紙様式1号:ワード(WORD : 17KB)、別紙様式2号:ワード(WORD : 46KB)

3.応募資格及び応募方法

 公募要領をご参照ください。

4.補助金交付候補者の選定方法

 公募要領に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会等の審査を行い、補助金交付候補者を選定します。

5.課題提案書等の無効

 本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

6.公示に関する期限、提出場所等

 公示に関する各期限等については以下のとおりとします。

事項・提出物    提出期限・開催日    送付先・提出場所等
公示の期間及び補助条件の提示 令和2年2月3日(月曜日)から
令和2年3月2日(月曜日)
10時から17時(12から13時を除く。)
〒100-8952  東京都千代田区霞が関1-2-1
林野庁林政部木材利用課木質バイオマス推進班
農林水産省本館7階ドアNo本720
課題提案書提出表明書 令和2年3月2日(月曜日)
17時必着
課題提案書 令和2年3月9日(月曜日)
17時必着
課題提案会 令和2年3月中旬(予定) 農林水産省内会議室(予定)


  ※課題提案会については開催の1週間前までにご連絡いたします。
  ただし、応募状況等により開催しない場合もあります。

7.その他

(1)本公示に記載なき事項は、公募要領によります。
(2)本事業は、国会での令和2年度予算の成立が前提となりますので、今後内容の変更等がある場合があります。
 

 

以上公示します。

 

令和2年2月3日

林野庁長官   本郷 浩二

お問合せ先

林野庁林政部林政課

代表:03-3502-8111(内線6007)
ダイヤルイン:03-3501-3715
FAX番号:03-3593-3463