このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林体験活動における安全管理

森林体験活動と安全管理

 安全管理の必要性

    森林環境教育や森林ボランティア作業など、森林・林業体験活動が各地で行われていますが、こうした活動を行う際には、自然の中に存在する危険とも向き合わなければなりません。

    活動中に起きた事故については、活動の主催者や指導者の責任が問われる場合がありますので、森林・林業体験活動を行う場合は、安全管理に十分配慮した企画・運営を心がけましょう。

安全管理への取組  

安全Q&A表紙

 

 子どもたちと森のステキな出会いのために~森林体験学習活動を安全に行うためのQ&A~

全国緑化推進委員会連絡協議会と公益社団法人国土緑化推進機構では、森林体験学習に参加する子どもたちの安全確保を第一に考え、主催する団体の総合的な安全対策の確立を目指すことを目的に、「子どもたちと森のステキな出会いのために~森林体験学習活動を安全に行うためのQ&A~」を発行しています。

関係者の疑問や関心事に答えることができるよう、Q&A形式でまとめられています。

詳しくは「(公社)国土緑化推進機構」(外部リンク)のページをご覧ください。

 

森づくり安全技術マニュアル

    森づくり安全技術・技能全国推進協議会では、森林ボランティア等による森づくり活動がより安全に実施できるよう活動しており、「森づくり安全技術マニュアル」を発行しています。

    詳しくは、「森づくり安全技術・技能全国推進協議会」(外部リンク)のページをご覧ください。

  

戻る

お問合せ先

森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室

担当者:山村振興企画班
代表:03-3502-8111(内線6145)
ダイヤルイン:03-3502-0048
FAX:03-3502-2887