このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

林業労働災害の事例

  林業労働災害の発生状況をみると、適切な対応が行われていれば防ぐことのできたもの、しかも類似の災害が多いという特徴がありあます。このような特徴から、林業労働災害の防止対策の一つとして、過去に発生した災害事例を整理分類し、災害の発生状況やその原因を分析・検討することは、大変有効な手段であると考えられます。ここでは過去に発生した林業労働災害のうち、伐木造材作業と造林作業において、数多く発生している災害事例を紹介します。

災害事例1(伐木作業中、放置したかかり木が落下して叩かれた)
スギ立木の間伐作業中、伐倒した木がかかり木になったので、根元を移動させたが倒れないため、そのままにしてすでに倒してあるスギの枝払い作業をしていたところ、かかっている木が突然落下して、作業者の頭部に激突した。

 

原因

(ア)かかり木を処理しないで、外の作業にとりかかったこと。

(イ)かかり木の近くで作業したこと。

 

zeroiti

  

災害事例2(かかられている木を伐倒、かかっている木が落下し叩かれた)
ヒノキを伐倒したところ、伐倒木につるがからまっていたため、伐倒方向がくるい、下側のヒノキにかかり木になったので、かかられている木を伐倒したところ、かかっている木が突然落下して、作業者の頭部に激突した。

 

原因

(ア)かかり木になっている場合にかかられている木の伐倒を行ったこと。

(イ)伐倒前に伐倒木や隣接木の状況等を十分把握していなかったこと。

(ウ)つるがらみ木のつるを事前に切りはなしておかなかったこと。

 

zeronii

  

災害事例3(伐倒方向が変わり、斜め下方で退避中の同僚に当たった)

林道開設工事に伴う支障木の伐採作業中、スギ立木を伐倒したところ伐倒方向が変わり、既に作業が終わり、斜め下方に退避して伐倒作業が終わるのを待っていた同僚の頭部に激突した。

 

原因

(ア)退避場所が近かったこと。

(イ)伐倒の合図をしないまま、立木を伐倒したこと。

(ウ)受け口が小さく、伐倒技術が未熟であったこと。

 

zerosann

 

災害事例4(他の作業者が玉切った丸太が、上方から落下して、当たった)
傾斜約30度の斜面で、スギの伐倒木を玉切り作業中、上方で他の作業者が玉切りした材が突然落下してきて、作業者の背中にあたり、玉切り中の丸太との間に挟まれた。

 

原因

(ア)傾斜地の同一斜面の上下で玉切り作業を行ったこと。

(イ)材の転落防止措置をしないまま玉切り作業を行ったこと。

(ウ)合図をせず、他の作業者の退避を確認しないまま作業を行ったこと。

zeroyon

 

災害事例5(下刈作業で石の上にのり、転倒して刈払機の刃が当たった)
下刈り作業中、露出していた石の上にのったところ、足が滑り、転倒して刈払機の刃が左足に当たり、切創した。

 

原因

(ア)足場に注意しなかったこと。

(イ)スパイク付きの地下足袋を履いていて、石の上にのったため、スパイクが滑ったこと。

(ウ)肩掛け式1本桿の握りグリップ付きの刈払機を、腰バンドをしないで使用したこと。

zerogo

 

災害事例6(下刈作業で同僚の刈刃が伐根に当たり、跳ね返って大腿部に当たった)
下刈作業の終わり近くに、同僚が刈っている箇所を応援するため、その近くで刈払っていたとき、同僚の刈払機が伐根に当たり、キックバックが起きたため、刈刃が跳ね返り作業者の右足大腿部に当たった。

 

原因

(ア)近接作業を行ったこと。

(イ)合図をしないで、危険区域に入ったこと。

(ウ)刈払機の刈刃が伐根に当たり、キックバックが起こったこと。

zerroroku

お問合せ先

林政部経営課 林業労働対策室

担当者:労働安全衛生班
代表:03-3502-8111(内線6085)
ダイヤルイン:03-3502-1629
FAX番号:03-3502-1649