このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「令和3年度山地災害防止キャンペーン」の実施について

  • 印刷
令和3年5月13日
林野庁
~身近に危険な箇所があるかどうか確認しておきましょう~

林野庁は、都道府県・市町村とともに本格的な梅雨の時期を前にして、山地災害による被害を未然に防止するため「山地災害防止キャンペーン」を実施します。本キャンペーン中、山地災害パトロールの実施や地域住民の方々に対して地域の山地災害危険地区等の説明会などを集中的に実施してまいります。

1 山地災害の危険性

我が国では、毎年2,000箇所以上で山地災害が発生し、多くの被害をもたらしています。我が国の地形や気象条件は、元々山地災害の起こりやすい特性を持っていると考えられていますが、近年では局所的な集中豪雨が頻発する傾向が強まり、これまでにない激甚な災害が発生しやすい状況にあります。降水が集中する梅雨や台風の季節を前にして、山地災害のおそれのある危険な箇所がどこにあるのかを知っておくことは、災害に備えるに当たって大変重要です。

2 令和3年度山地災害防止キャンペーンの概要について

(1)山地災害危険地区等の周知活動
都道府県や市町村では、「山地災害防止キャンペーン」期間中、山地災害危険地区等の山地災害の発生のおそれのある個所などを住民の皆様に知っていただくため、講習会、研修会、説明会及び見学会等を開催します。説明会などの詳細については、都道府県の治山担当までお問合せください。

(2)その他の取組内容
「山地災害防止キャンペーン」期間中、林野庁では都道府県及び市町村と連携し、以下の取組を実施します。
(ア)人家・要配慮者利用施設等の周辺における山地防災パトロール等の実施
(イ)保安林制度の周知及び保安林における巡視等、保安林の適切な管理の推進
(ウ)キャンペーンポスターの掲示、パンフレットの配布等による広報活動の推進
 ※各取組については、新型コロナウイルス感染防止対策を講じて実施します。


【キャンペーン期間中の取組状況】
治山施設の点検 山地災害防止キャンペーンパネル展示 山地防災ヘルパー等を対象とした研修会 子ども会を治山施設に案内

ポスター

3 実施期間

令和3年5月20日(木曜日)から令和3年6月30日(水曜日)まで

4 実施主体

林野庁、都道府県、市町村

5 協賛

一般社団法人 日本治山治水協会

6 参考

林野庁ホームページ
「山地災害に備える」https://www.rinya.maff.go.jp/j/saigai/saigai/index.html 

<添付資料>
(参考1)令和3年度山地災害防止キャンペーン実施要領(PDF : 106KB)
(参考2)最近における山地災害の発生状況(PDF : 73KB)
(参考3)令和3年度山地災害防止キャンペーンポスター(PDF : 1,044KB)

 

お問合せ先

林野庁森林整備部治山課

担当者:災害調整班 川﨑、萩原
代表:03-3502-8111(内線6197)
ダイヤルイン:03-3501-4756
FAX番号:03-3503-6499

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader