このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「令和元年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について

  • 印刷
令和2年9月30日
林野庁

農林水産省は、本日、「令和元年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について取りまとめましたのでお知らせします。

1.「令和元年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」のポイント

国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況は、「国有林野の管理経営に関する法律」に基づき国有林野事業における取組をまとめ毎年度公表しているもので、本日公表した令和元年度における実施状況の主なポイントは以下のとおりです。

○ 樹木採取権制度の創設
平成31年4月にスタートした森林経営管理制度の円滑な運用に向けて、この制度の要となる林業経営者を育成することを目的に創設された樹木採取権制度に関して、令和元年度における法改正やその後の施行に向けた取組についてトピックスとして記載しています。

○ 森林経営管理制度の円滑な運用に向けた無人航空機を活用した市町村支援
森林経営管理制度の円滑な運用に向けて、国有林では市町村に対して支援を行うこととしています。
トピックスとして、四万十市からの要請を受けた四万十森林管理署が実施した、無人航空機を活用した森林の調査手法の導入に関する技術支援を事例として紹介しています。

○ 大嘗宮の建立に伴う良質皮付き丸太供給
国有林では、民有林からの供給が難しい木材の供給に取り組んでいます。
トピックスとして、皇位継承に伴う儀式として令和元年11月に挙行された「大嘗祭(大嘗宮の儀)」の施設である大嘗宮の建立に当たり、宮内庁からの依頼を受けて、国有林から良質な皮付き丸太を供給した事例を紹介しています。

○ 令和元年房総半島台風、令和元年東日本台風による災害の復旧に向けた技術支援等
大規模な山地災害が発生した際には、ヘリコプターによる広域被害調査など、民有林への支援も含めた迅速な災害対策等に国有林として取り組んでいます。
関東森林管理局では、令和元年房総半島台風により被害を受けた千葉県や静岡県において、ヘリコプターからの被害状況の調査や無人航空機による民有林における倒木被害状況の調査を通じた支援等を実施し、また、東北森林管理局では、令和元年東日本台風により被害を受けた宮城県において、県の要請を受けて職員を派遣し、甚大な被害を受けた林道施設の復旧に向けた測量等を通じた支援を実施しており、トピックスとして紹介しています。

○ その他
・山地災害等の被害状況を早期に把握するため、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)との間で地球観測衛星データ等の利用推進に関する協定を締結
・新型コロナウイルス感染症による影響に対し、各森林管理局における国有林材供給調整検討委員会での意見を踏まえ、令和2年3月から一部の森林管理局において立木販売の搬出期間を延長
等、国有林野を名実ともに「国民の森林(もり)」とするよう、様々な取組を実施しました。

令和元年度の実施状況の全文については、次の当省ホームページから御覧になれます。
https://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/jissi/

2.林政審議会の意見の概要

この「実施状況」の公表に当たっては、林政審議会の意見を聴くこととされています。 
令和2年9月11日(金曜日)に書面開催された林政審議会において、公表することが適当である旨の答申がありました。

なお、林政審議会では、委員から主に次のような意見がありました。
・トピックスを冒頭に示すようになったこと、事例が多く取り上げられ、現場での活動状況を国民に知らせる努力をしていることを評価。
・育成複層林化や針広混交林化の取組については、国有林の事例を参考に国有林以外にも適応できるよう施業方法についてわかりやすい情報提供を今後期待。
・次回作成時には、生物多様性の保全に関する、希少種への配慮事項や種の保存等の対応策に関する記述の中に、地域毎等の重点対象生態系や生物種を明示すべき。

林政審議会の議事録については、次の当省ホームページから御覧になれます。
https://www.rinya.maff.go.jp/j/rinsei/singikai/index.html

3.(参考)「国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について

農林水産大臣は、「国有林野の管理経営に関する法律」(昭和26年法律第246号)に基づき、5年ごとに10年を1期とする「国有林野の管理経営に関する基本計画」を策定することとされており、この計画の実施状況については、林政審議会の意見を聴いた上で毎年9月末までに前年度の実施状況を公表することとされています。

「国有林野の管理経営に関する基本計画」(平成30年12月25日策定)
https://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/kanri_keiei/kihon_keikaku.html

お問合せ先

国有林野部経営企画課

担当者:企画班 長谷川、長岡
代表:03-3502-8111(内線6288)
ダイヤルイン:03-3502-1027
FAX番号:03-3592-6259

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader