このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「令和元年度林業機械化推進シンポジウム」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
令和元年12月26日
林野庁

林野庁及び一般社団法人フォレスト・サーベイは、令和2年2月6日(木曜日)に、『自動化機械の最新状況』をテーマに「令和元年度林業機械化推進シンポジウム」を国立オリンピック記念青少年総合センターで開催します。
本シンポジウムは公開でカメラ撮影も可能です。

1.概要

利用期を迎えている森林資源の循環利用を進め、林業の成長産業化を実現していくためには、ICTを活用したスマート林業に加え、新技術を活用した「林業イノベーション」を推進していくことが必要となります。
今回のシンポジウムでは、イノベーションの重要課題の1つである林業機械の自動化等について、欧米の動きも含めて最新の開発状況を紹介します。
また、機械メーカーや研究者に加えて、機械の利用者や販売者も交えた幅広い視点から、林業現場での通信環境や機械のメンテナンスなども含めて議論を深め、林業機械の更なる開発・普及に向けた機運の向上を図ります。

2.開催日時・場所

日時:令和2年2月6日(木曜日)10時30分~15時30分(開場10時00分)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホール
所在地:東京都渋谷区代々木神園町3の1

3.プログラム

第1部(10時30分~12時00分)
情報提供
「欧州と我が国の林業機械開発の状況」林野庁研究指導課技術開発推進室
基調講演
「海外での先進的な素材生産システムについて」木構造振興株式会社 代表取締役 山田壽夫氏

第2部(13時00分~14時20分)
事例報告
「ロージンググラップルの開発状況」 イワフジ工業株式会社、和歌山県
「自動走行フォワーダの開発状況」 国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所
「林内通信の活用による生産性・安全性の向上」 株式会社小玉、株式会社 BREAKTHROUGH
「林業機械のメンテナンスとメンテナンス技術を活かした中古機械活用の取組」 
富士岡山運搬機株式会社

第3部(14時30分~15時30分)
パネルディスカッション
テーマ「林業イノベーションの推進に向けて」

4.参加申込要領

(1)参加費:無料です。
(2)申込方法:事前申込制です。
参加を希望される方は、以下のウェブサイト又はFAXにて、シンポジウム事務局(一般社団法人フォレスト・サーベイ)にお申し込みください。
また、第3部のパネルディスカッションの質問もあわせて募集します。パネラーは第1部及び第2部の登壇者です。
<ウェブサイトによる申込先>
URLhttp://f-survey.jp/
<FAXによる申込先>
宛先:一般社団法人フォレスト・サーベイ宛
FAX番号:03-6737-1298
別紙の参加申込書を御利用ください。
(3)申込締切:令和2年1月30日(木曜日)
(4)申込みに関するお問合せ先
一般社団法人フォレスト・サーベイ
担当者:渡辺、西原、大山
TEL:03-6737-1297
E-mail:romou@f-survey.jp

5.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、令和2年2月3日(月曜日)までに以下のアドレスへ電子メールでお申し込みください。
その場合、メールの件名は「シンポジウム取材」とし、本文に取材を希望する旨を記載し、御社名、御氏名、電話番号を明記してください。
<取材申込アドレス>
romou@f-survey.jp

<添付資料>
「令和元年度林業機械化推進シンポジウム」の参加申込書(PDF : 105KB)

お問合せ先

森林整備部研究指導課技術開発推進室
担当者:中村、高橋
代表:03-3502-8111(内線6215)
直通:03-3501-5025
FAX番号:03-3502-2104

一般社団法人フォレスト・サーベイ
担当者:渡辺、西原、大山
TEL番号:03-6737-1297
FAX番号:03-6737-1298