このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

令和2年全国山火事予防運動の実施について

  • 印刷
令和2年2月21日
林野庁
林野庁は「令和2年全国山火事予防運動」を3月1日(日曜日)から7日(土曜日)にかけて実施します。
令和2年の統一標語は「守りたい 森と未来を 炎から」です。
山火事予防運動について御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

山火事予防の重要性

例年、冬から春にかけて、山では枯葉や枯草が多くなることに加え、空気の乾燥や強風が吹く気象条件等から、山火事発生の危険性が高い時期となります。山火事は一旦発生するとその消火は容易ではなく、一瞬にして貴重な森林を焼失するとともに、その回復には長い年月と多くの労力を要することとなります。
とりわけ、これから暖かくなるにつれ、山に入る機会も多くなりますが、特に、空気が乾いている日や風が強い日にはたき火や野焼きをしないなど、火の取扱いには十分な注意が必要です。

令和2年全国山火事予防運動について

目的

この運動は、広く国民に山火事予防意識の啓発を図るとともに、予防対策を強化し、森林の保全と地域の安全に資することを目的とします。

主唱

林野庁、消防庁

統一標語

「守りたい 森と未来を 炎から」

統一実施期間

令和2年3月1日(日曜日)から令和2年3月7日(土曜日)まで(消防庁等が実施する春季全国火災予防運動と同一期間)
なお、地域における山火事発生状況等を考慮した効果的な運動の推進を図るため、当該期間以外の期間を山火事予防運動の実施期間とすることも考えられます。

山火事予防に効果的と考えられる実施項目

(1)ハイカー等の入山者、森林所有者、林内及び森林周辺の農地及び作業現場の作業者、地域住民、小中学校の児童・生徒等を対象に次の重点事項の啓発活動を実施します。
・枯れ草等のある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
・たき火等火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること
・強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと
・火入れを行う際は市町村長の許可を必ず受けるとともに、あらかじめ必要な防火設備をすること
・たばこは、指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと
・火遊びはしないこと、また、させないこと
(2)駅、市町村の庁舎、学校、登山口等への警報旗、山火事予防ポスター等の掲示やテレビ、ラジオ、有線放送、新聞、インターネット等の各種広報媒体の活用等により、入山者、地域住民等に対し山火事予防意識の高揚を図ります。
(3)火災警報発令中など、火災の発生しやすい時期には、関係機関が協力して、住宅地等に近接する森林での重点的な森林パトロールを実施するなど森林の保全管理体制の強化を図ることにより、火災の未然防止、早期発見に努めます。
(4)森林又は森林に近接している土地における火災の予防のため、農林業関係者等と消防関係者等との密接な連携の下に、初期消火を中心とする消防訓練、研修会、予防及び消火資機材等の適切な点検・管理等を実施し、地域の実情に即した予防対策を計画的に講ずるよう努めます。
(5)地域住民、農林業関係者等による山火事予防組織の育成強化を図るとともに、これらの組織が女性(婦人)防火クラブ等のいわゆる民間防火組織と連携を図り、予防活動を行うよう要請します。

令和2年山火事予防ポスター

令和2年山火事予防ポスター

その他

山火事に関する情報はこちら(https://www.rinya.maff.go.jp/j/hogo/yamakaji/index.html)
(林野庁ホームページ「山火事予防!!」にリンク)


<添付資料>
令和2年全国山火事予防運動実施要綱(PDF : 85KB)
令和2年山火事予防ポスター(PDF : 7,658KB)

お問合せ先

森林整備部研究指導課森林保護対策室

担当者:志磨、髙野
代表:03-3502-8111(内線6214)
ダイヤルイン:03-3502-1063
FAX番号:03-3502-2104