このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

令和2年度「国有林野事業業務研究発表会」のWEB開催について

  • 印刷
令和2年10月8日
林野庁
林野庁は、令和2年11月5日(木曜日)に農林水産省第3特別会議室等において、令和2年度「国有林野事業業務研究発表会」を開催します。
今回は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、WEBにより開催することとし、当日の傍聴については行わず、後日発表会の内容の公表をもって代えることとします。
なお、報道関係者に限り、開会式のみカメラ撮り可能です。

1.概要

全国各地で国有林野の管理経営に携わる林野庁職員が、現場業務の実行を通じて得られた森林の効率的な整備手法や森林環境教育の推進、森林生態系の保全管理等に関する諸課題について、現場的視点で考察した成果を広く発信・普及するとともに組織全体で共有し、今後の取組につなげていくことを目的に「国有林野事業業務研究発表会」を開催します。
なお、本発表会の成果については、発表会終了後に次のURLページで公表します。
https://www.rinya.maff.go.jp/j/gyoumu/gijutu/kenkyu_happyo/index.html

2.開催日時

日時:令和2年11月5日(木曜日)9時30分~17時00分
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1 

開会式

時間:9時30分~9時45分
会場:農林水産省 本館7階 第3特別会議室(ドアNo.本714) 

発表会

時間:10時00分~14時30分
会場:農林水産省 本館7階 第3特別会議室(第一会場)、北別館8階 林野庁AB会議室(ドアNo.北801・北802)(第二会場)
発表部門及び内容
(1)森林技術部門(第一会場)
効率的な森林整備の取組、効果的な国土保全を図るための取組等
(2)森林ふれあい・地域連携部門(第二会場)
地域と連携した森林づくりの取組、自然休養林の利用推進の取組等
(3)森林保全部門(第二会場)
病虫獣害対策の取組、希少野生動植物の保護管理の取組等

3.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、令和2年11月4日(水曜日)15時00分までに以下のお申し込み先へ、御氏名、御連絡先(電話番号、FAX番号)、勤務先・所属団体名等をメールにて御連絡ください。
<お申込先>
林野庁国有林野部業務課技術開発・普及班 髙麗、菊地
メール:gyoumuka_fukyu100@maff.go.jp (令和2年10月21日差替え)
当日は受付で記者証等の身分証を提示していただきますので、あらかじめ御承知願います。
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、当日の取材に当たっては、次の事項の御協力をお願いいたします。
(1)発熱等、風邪の症状が見られる場合や体調に不安がある場合は、取材を御遠慮ください。
(2)会議室入り口に消毒用アルコールを設置しますので、手指の消毒に御利用ください。
(3)会場内では、マスクの着用をお願いします。
なお、開始時間が前後することがありますので早めに集合してください。

<添付資料>令和2年度 国有林野事業業務研究発表会 発表課題一覧(PDF : 143KB)

お問合せ先

国有林野部業務課

担当者:技術開発・普及班 髙麗、菊地
代表:03-3502-8111(内線6305)
ダイヤルイン:03-3591-0884
FAX番号:03-3502-8053