このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林の有する機能の定量的評価


機能の種類と評価額

評価方法


二酸化炭素吸収
1兆2,391億円/年


森林バイオマスの増量から二酸化炭素吸収量を算出し、石炭火力発電所における二酸化炭素回収コストで評価(代替法)


化石燃料代替
2,261億円/年


木造住宅が、すべてRC造・鉄骨プレハブで建設された場合に増加する炭素放出量を上記二酸化炭素回収コストで評価(代替法)


表面侵食防止
28兆2,565億円/年


有林地と無林地の侵食土砂量の差(表面侵食防止量)を堰堤の建設費で評価(代替法)


表層崩壊防止
8兆4,421億円/年


有林地と無林地の崩壊面積の差(崩壊軽減面積)を山腹工事費用で評価(代替法)


洪水緩和
6兆4,686億円/年


森林と裸地との比較において100年確率雨量に対する流量調節量を治水ダムの減価償却費及び年間維持費で評価(代替法)


水資源貯留
8兆7,407億円/年


森林への降水量と蒸発散量から水資源貯留量を算出し、これを利水ダムの減価償却費及び年間維持費で評価(代替法)


水質浄化
14兆6,361億円/年

  

生活用水相当分については水道代で、これ以外は中水程度の水質が必要として雨水処理施設の減価償却費及び年間維持費で評価(代替法)


保健・レクリエーション
2兆2,546億円/年
注:機能のごく一部を対象とした試算である。


我が国の自然風景を観賞することを目的とした旅行費用により評価(家計支出〔旅行用〕)

 

 

[ 1 ] 生物多様性保全
  ・遺伝子保全
  ・生物種保全
植物種保全
動物種保全(鳥獣保護)
菌類保全
  ・生態系保全
      河川生態系保全
      沿岸生態系保全(魚つき)
[ 2 ] 地球環境保全
  ・地球温暖化の緩和
      二酸化炭素吸収
      化石燃料代替エネルギー
  ・地球気候システムの安定化
[ 3 ] 土砂災害防止機能/土壌保全機能
  ・表面侵食防止
  ・表層崩壊防止
     その他の土砂災害防止
     落石防止
     土石流発生防止・停止促進
     飛砂防止
  ・土砂流出防止
  ・土壌保全(森林の生産力維持)
  ・その他の自然災害防止機能
     雪崩防止
     防風
     防雪
     防潮など
[ 4 ] 水源涵養機能
   ・洪水緩和
   ・水資源貯留
   水量調節
   ・水質浄化
[ 5 ] 快適環境形成機能
   ・気候緩和
      夏の気温低下(と冬の気温上昇)
      木陰
   ・大気浄化
塵埃吸着
汚染物質吸収
   ・快適生活環境形成
騒音防止
   ・アメニティ
[ 6 ] 保健・レクリエーション機能
   ・療養
リハビリテーション
   ・保養
      休養(休息・リフレッシュ)
      散策
      森林浴
   ・レクリエーション
行楽
スポーツ
つり
[ 7 ] 文化機能
   ・景観(ランドスケープ)・風致
   ・学習・教育
       生産・労働体験の場
       自然認識・自然とのふれあい
   ・芸術
   ・宗教・祭礼
   ・伝統文化
   ・地域の多様性維持(風土形成)
[ 8 ] 物質生産機能
   ・木材
       燃料材
       建築材
       木製品原料
       パルプ原料
   ・食糧
   ・肥料
   ・飼料
   ・薬品その他の工業原料
   ・緑化材料
   ・観賞用植物
   ・工芸材料


  青字:貨幣評価されたもの
注1:森林の多面的機能のうち、物理的な機能を中心に貨幣評価が可能な一部の機能について、
  日本学術会議の特別委員会等の討議内容を踏まえて評価したものである。

注2:機能によって評価手法が異なっていること等から、合計額は記載していない。

参考)
「地球環境・人間生活にかかわる農業及び森林の多面的な機能の評価に関する調査研究報告書」
(株)三菱総合研究所 平成13年11月

 

お問合せ先

森林整備部計画課
担当者:企画班
代表:03-3502-8111(内線6143)
ダイヤルイン:03-3501-3842
FAX:03-3593-9565