このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

木材貿易の現状

1.木材貿易の現状

木材貿易の現状(PDF : 2,633KB)NEWアイコン
世界の木材貿易、日本の木材輸入、EPA・FTAと木材輸入、国別の木材輸入動向を整理した資料です。

世界の木材貿易の流れ(丸太・製材・合板)(PDF : 699KB)NEWアイコン 
2020年の世界の木材貿易データから、針葉樹丸太、針葉樹製材、合板の品目別に、主な輸入、輸出の流れをイメージ図化した資料です。

2.EPA・FTA


各国との経済連携協定(EPA)・自由貿易協定(FTA)交渉を進める際には、我が国全体として経済上・外交上の利益を考慮し、国内農林水産業・農山漁村の振興などを損なわないという基本的姿勢を堅持しながら、個別品目の事情に応じて戦略的に交渉に臨んでおります。また、これらの交渉を通じて持続可能な森林経営や地球環境の保全への取組の推進、木材自給率の向上等に資するよう努めております。各国とのEPA/FTAの締結状況や交渉の現状については、以下のページをご参照下さい。

3.WTO

多角的貿易交渉のWTOドーハラウンド交渉では、林産物は、非農産品市場アクセス(Non-agricultural market access: NAMA(ナマ))交渉グループにおいて議論が行われています。NAMA交渉グループでは、農産物以外の全て(鉱工業品及び林水産物)に関する関税及び非関税障壁の撤廃・削減についての交渉が行われています。

お問合せ先

林政部木材利用課木材貿易対策室

担当者:貿易第一班、貿易第二班
ダイヤルイン:03-3502-8063