このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

第53回国際熱帯木材理事会の結果について

平成29年11月27日(月曜日)から12月2日(土曜日)まで、ペルーのリマにおいて、「第53回国際熱帯木材理事会」が開催されました。

1.理事会について

国際熱帯木材理事会は、世界の熱帯木材貿易の拡大・多様化や熱帯林の持続可能な経営を目的とする国際熱帯木材機関(ITTO *)の最高意思決定機関です。本理事会は毎年1回開催され、ITTOの運営について議論を行いました。
*ITTO:International Tropical Timber Organization

2.日程・場所

(1)日程:平成29年11月27日(月曜日)~12月2日(土曜日)
(2)場所:リマ(ペルー)

3.参加者・出席者

(1)加盟国:46か国及びEUの政府関係者等
(2)我が国:外務省及び林野庁の担当者
(3)オブザーバー:生物多様性条約(CBD)、ワシントン条約(CITES)及び国連森林フォーラム(UNFF)事務局関係者、NGO等

4.主な議題概要

(1)投資損失問題への対応

(ア)損失の最終処理

昨年の理事会決定で定められた損失処理の枠組(内部留保の充当、及び存続プロジェクトに係る事業予算の減額等)に従った最終処理の内容が報告・了承されました。

(イ)関係者に対する責任追及

我が国の提案に基づき、昨年の理事会決定を更新・再確認する形で、損失を生じさせた投資を決定・実行した前事務局長らに対し、引き続き自主弁済を要求するとともに、今後、損害賠償請求に係る法的措置を講じることを辞さないことを、改めて決定しました。

(2)事業計画及び予算の決定

2018-2019年の事業計画について、合法・持続可能な林産品のサプライチェーンの促進等に力点を置いた形で決定されました。
併せて、2018-2019年の事務局運営予算が決定されました。

(3)プロジェクト向け資金に係る検討

ITTOが行うプロジェクト向け資金の供給・調達のありかたについて、次回理事会に向けて検討を行うための作業部会の設置が決定されました。

お問合せ先

林野庁林政部木材利用課木材貿易対策室

担当者:貿易第二班
ダイヤルイン:03-3502-8063