ホーム > 森もり!スクエア > 特集 > 国有林モニター現地視察会2013


ここから本文です。

 

国有林モニター現地視察会2013

    10月5日(土曜日)、空知森林管理署管内(岩見沢市、長沼町)において、国有林モニター現地視察会を開催しました。

    一の沢水源地を保全するための治山ダム、森林を主体とした風景が優れ自然探勝やキャンプなど多様な森林レクリエーションを楽しむことのできる利根別自然休養林、低コスト造林推進に取り組むコンテナ苗の植え付け箇所を視察していただきました。

    国有林モニターの皆さんは、昨年度開催の現地視察会、モニター会議にも出席していることもあって、国有林の事業などについて深く理解されており、 各視察箇所での職員の説明に対して、様々な質問を投げかけられました。

 

    国有林モニターとは、国有林野の管理経営に国民の意見・要望を活かすことにより、開かれた「国民の森林」にふさわしい管理経営を行うことを目的とした制度で、一般の方から公募しています。

   今期(平成24年4月から平成26年3月までの2年間)の登録者は44名で、今年は2年目となります。

   国有林モニターの活動内容としては、現地視察会、モニター会議、アンケート等があります。

   今回の現地視察会には、国有林モニター(同行者も含む。)17名の皆さんが、遠くは釧路市、上ノ国町などからご参加くださいました。

記念撮影

遠くは釧路市、上ノ国町から参加した国有林モニターと同行者合わせて17名の皆さんと記念撮影

古久保北海道森林管理局長の挨拶 尾前企画課長からの説明

              開会式で挨拶する古久保北海道森林管理局長                            治山ダムの説明をする尾前企画課長

一の沢治山工事箇所(谷止工) 一の沢治山工事箇所(谷止工)    

                                     岩見沢市より要請があり、一の沢水源地を保全するために造られた治山ダム(谷止工2基)を視察 

利根別自然休養林 利根別自然休養林

                 多様な森林レクリエーションを楽しむことを目的として設置された利根別自然休養林を探索

 コンテナ苗の生育状況を視察 国有林モニターからの質問に答える桃木空知森林管理署長

低コスト造林推進のために取り組んでいるコンテナ苗について、昨年度植付した苗の生育状況などを桃木空知森林管理署長から説明                     

コンテナ苗の植え付け方法等を説明 国有林モニターのみなさんも植え付けを体験

 コンテナ苗の植え付け道具の説明                    国有林モニターの皆さんも植え付けを体験

安樂総務企画部長の閉会挨拶

安樂総務企画部長からの閉会挨拶で、国有林モニター現地視察会を無事終了

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集