このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    糠平少年グリーンクラブ


    【東大雪支署】 


    糠平少年グリーンクラブは、糠平小学校の環境教育の一環として1972年に結成され、糠平地域の自然保護と子ども達の健康な身体と健全な精神を養うことを目的に、今日まで活動を継続してきました。

    しかし、この春、糠平小学校の閉校に伴い、糠平少年グリーンクラブの長い歴史も幕を閉じます。

    東大雪支署では、本クラブの顧問及び指導員として携わるとともに、活動の拠点として上士幌教育委員会と「遊々の森(小鳥の村)」の協定を締結するなど、これまでの活動を通して地域との連携も深めてきました。

    このことに対して、48年間継続してきた本活動に敬意を表するとともに、子供たちが作成した今年度の活動の記録を一部紹介させていただきたいと思います。

    今年度の森林学習は、「小鳥の村からの挑戦状」と題して、今まで長年活動してきた「小鳥の村」から挑戦状が届いたという設定で進めました。
    森林学習の様子はこちらからご覧ください。



    治水「緑のダム」について
    治水「緑のダム」について(クリックすると拡大)


    間伐について
    間伐について(クリックすると拡大)

    木材の活用について
    木材の利用について(クリックすると拡大)


    森林と海との関わり
    森林と海との関わりについて

    このように本クラブでは、活動の目標やふりかえりを毎年きちんと行っており、その成果が子供たちの自然に関わる知識の高さに現れていると感じています。

    当支署としても、これまで様々な森林学習を実施してきましたが、講師として記憶に残っているのは、子供たちの常に意欲的な姿勢と屈託のない笑顔です。
    講師でありながら、このような子供たちの姿にいつも支えられ、また、森林環境教育の面白さや奥深さを学びました。

    平成31年4月の結団式
    糠平グリーンクラブ結団式(平成31年4月19日)

    今年度をもって本活動は残念ながら終了しますが、自然の中での学習や体験は子供たちの大きな財産となることでしょう。
    そして、糠平の自然で培ったこの経験を活かしながら、今後も伸び伸びと成長することを心から願っています。

    (森林整備官 蔵野)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader