このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    滝上小学校・濁川小学校合同で森林環境教育

     「苗畑見学・郷士館学習」を実施

    【西紋別支署】 


    令和元年10月30日(水曜日)、滝上町、滝上町森林組合、滝上林業協同組合等と西紋別支署で構成される「滝上みどりの森林(もり)推進協議会」が、滝上小学校の児童(6年生11名)と濁川小学校の児童(3~6年生10名)を対象に、今年度2回目となる森林環境教育を実施しました。

    当支署からは4名が参加し、小学生たちの質問に答えました。

    【苗畑見学】

    今回は「有限会社岸苗畑」の岸社長に苗畑を案内して頂きました。
    はじめに、滝上町の矢沢林業振興係長から、「トドマツ」、「カラマツ」、「アカエゾマツ」、「ミズナラ」、カラマツとグイマツを交配し品種改良したもので成長が早く、二酸化炭素吸収能力が高い「クリーンラーチ」など、滝上町で生産されている苗木について説明がありました。

    続いて、岸社長からカラマツの苗木の性質などについて説明がありました。実際にカラマツの種や球果(松ぼっくり)を観察してもらい、児童からは「映(ば)える!」などの今風な感想があがるなど、興味津々な様子でした。
    カラマツ苗木の性質について説明する岸社長
    カラマツ苗木の性質について説明する岸社長

    カラマツの種を観察
    カラマツの種を観察

    次に、ハウスの中に移動し、コンテナ苗(カラマツ)の育苗作業を見学しました。コンテナ苗とは、育苗容器(マルチキャビティコンテナなど)によって育成された根鉢付きの苗木のことです。通常の根が剥き出しの裸苗と比べ、根の成形性から山での植栽作業効率が高く、活着が良いため、造林の省力化やコスト軽減につながると期待されています。
    機械を使用した苗木取り出しの様子
    機械を使用した苗木取り出しの様子

    その後、広葉樹中心の苗畑に移動し、岸社長から「ミズナラ」や「クリーンラーチ」について説明がありました。児童からは「滝上町で植えている木の種類を知りたい」、「ここで育てた苗は人工林になるのか、天然林になるのか」などの質問が上がり、熱心に森林や苗畑にかかわる知識を学ぼうと意欲的な姿勢が見られた有意義な場となりました。
    質問する児童たち
    質問する児童たち


    【郷土館学習】

    続いて、郷土資料が多く展示されている滝上町「郷土館」に移動しました。
    はじめに、滝上町の林業の歴史について、矢沢林業振興係長から説明がありました。

    滝上町の森林は昭和29年に発生した洞爺丸台風により、大規模な風倒被害を受けましたが、その被害木の処理を行うため多くの人が集まり、滝上の林業が飛躍的に発展したという歴史があり、風倒木への慰霊の思いと当時の出来事を風化させないために樹霊碑が建立されました。また、展示されている当時の作業風景や資料を用いて、伐倒から造材までの林業の変化についても学習しました。
    矢沢林業振興係長から説明を受ける児童
    矢沢林業振興係長から説明を受ける児童

    その後、郷土館内を自由に見学してもらい、仔鹿のはく製を見ていた児童からは「かわいい!」との声が上がっていました。そのほか「森林管理署は何をしているところ?」、「森林管理署はどこと関わっているの?」、「伐採した木はどこにいくの?」といった質問があり、児童に囲まれた小林主任森林整備官が答えるなど、森林・林業だけではなく森林管理署にも関心を持ってもらえました。

    動物のはく製を見学する児童
    動物のはく製を見学する児童

    質問に答える小林主任森林整備官(写真中央)
    質問に答える小林主任森林整備官(写真中央)

    最後に、国産初の本格的な貨物用機関車として770両が製造され、北海道でも大活躍した「キューロク」や「クンロク」の愛称で呼ばれる9600形39628号機を見学し、森林環境教育を終了しました。
    オホーツク管内の静態保存機では最高齢の39628号機
    オホーツク管内の静態保存機では最高齢の39628号機

    滝上小学校の児童は、総合的な学習の時間の一環として、森林・林業をテーマに課題を見つけ、それを解決する力を養うことを目的に取り組んでいます。今回は児童一人一人が見つけた課題の解決に向け、たくさん質問をするなど、意欲的に取り組んでいました。

    この取り組みを通じ、森林・林業に興味や関心を持ち、自発的に森林の未来について考えるきっかけとなるよう、今後も森林環境教育を進めていきます。



    (業務グループ 酒井)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271